「新感染」につながる感染爆発の“始まり”が判明!「ソウル・ステーション」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月29日 > 「新感染」につながる感染爆発の“始まり”が判明!「ソウル・ステーション」本編映像公開
メニュー

「新感染」につながる感染爆発の“始まり”が判明!「ソウル・ステーション」本編映像公開

2017年9月29日 17:00

ソウルの人々の運命は?「新感染 ファイナル・エクスプレス」

ソウルの人々の運命は?
(C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & Studio DADASHOW All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッドリメイクも決定したヒット作「新感染 ファイナル・エクスプレス」(公開中)のヨン・サンホ監督が、同じく感染爆発を描いた長編アニメ「ソウル・ステーション パンデミック」の本編映像が、公開された。

ソウル駅周辺を舞台に、「新感染 ファイナル・エクスプレス」にもつながる物語が展開する本作。甲斐性のない恋人キウン(声:イ・ジュン)と暮らす風俗嬢へスン(声:シム・ウンギョン)はキウンとケンカし、1人で夜のソウルをさまよう。その頃、ソウル駅では、血まみれのホームレスが息絶えた後、生き返り、人を襲い始める事件が発生。ホームレスの症状は次々に感染していき、やがてヘスンにも危険が迫る。

このほど公開されたのは、感染爆発の始まりとなるシーン。ソウル駅の地下を寝ぐらにするホームレスの男は、駅で血を流して苦しむ兄のために、なけなしの金で鎮痛剤を買って戻ってくる。だが兄はすでに亡くなっており、悲しみにくれる男が駅の係員たちを連れて戻ってくると、兄の姿が消えていた。兄を必死に探す男は、変わり果てた姿で人肉を食らう兄を見つけて戦りつする。映像は、男が感染した兄に襲われ、悲鳴を上げるシーンで幕を閉じる。こののちに引き起こされる大事件の予兆を描いたおどろおどろしいシーンであると同時に、「豚の王」「我は神なり」といった社会派のアニメ作品を手がけ、世界的評価を集めてきたヨン監督ならではの社会風刺が感じ取られる。

ソウル・ステーション パンデミック」は、9月30日から全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi