リリー=ローズ・デップが死者の霊と交信?「プラネタリウム」本編降霊ショー映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月28日 > リリー=ローズ・デップが死者の霊と交信?「プラネタリウム」本編降霊ショー映像公開
メニュー

リリー=ローズ・デップが死者の霊と交信?「プラネタリウム」本編降霊ショー映像公開

2017年9月28日 11:00

危うい魅力が凝縮「プラネタリウム」

危うい魅力が凝縮
(C) Les Films Velvet - Les Films du Fleuve - France 3 Cinema - Kinology - Proximus – RTBF
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー女優ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが共演した映画「プラネタリウム」(公開中)の新たな本編映像が、公開された。ポートマンとデップ演じるスピリチュアリストの姉妹が、降霊ショーを行う様子を収めている。

舞台は、1930年代。フランス・パリにやってきたローラ(ポートマン)とケイト(デップ)が、とある映画プロデューサーから世界初の心霊映画の製作を持ちかけられ、運命を狂わせていくさまを描く。レア・セドゥーが主演した「美しき棘」がカンヌ国際映画祭の監督週間部門で上映され、高評価を受けたフランス人女性監督レベッカ・ズロトブスキがメガホンをとった。

2人の降霊術を見ようと集まった観客の中からとある女性を選んだローラは、女性をステージに上げ、ケイトによる降霊を体感させる。女性を前にし、目をつぶったケイトは次第に呼吸が荒くなり、トランス状態に。「来るわ」というケイトの言葉と共に、観衆がかたずをのんで見守るさまが描かれる。

デップはくだんのシーンが1番苦労したと語っており、「めまいがしないように呼吸をコントロールしていたの。これを何度も繰り返していたら頭がクラクラしてくるからよ。でもスクリーン上では自然に見せなきゃダメだし、役にも入り込んでしまうからなかなか大変だったわ」と撮影当時を回想している。デップの神秘的な魅力が凝縮されたシーンであると同時に、作品全体が持つ怪しげな雰囲気がとじ込められた内容にもなっている。

(映画.com速報)
美しき棘[DVD] 美しき棘[DVD] 最安価格: ¥3,201 少女と大人の狭間で揺れ動く17歳の心理と衝動をリアルに描き出したエロスドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi