バレンティノの美しい衣装で魅せる「ソフィア・コッポラの椿姫」予告編完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月27日 > バレンティノの美しい衣装で魅せる「ソフィア・コッポラの椿姫」予告編完成
メニュー

バレンティノの美しい衣装で魅せる「ソフィア・コッポラの椿姫」予告編完成

2017年9月27日 11:00

ソフィア・コッポラのオペラ初演出作を映像化「ソフィア・コッポラの椿姫」

ソフィア・コッポラのオペラ初演出作を映像化
Photo (C)Yasuko Kageyama
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ソフィア・コッポラのオペラ初演出作「ラ・トラビアータ(原題)」のローマ歌劇場公演を映像化した「ソフィア・コッポラの椿姫」の予告編が、このほど公開された。

イタリアの作曲家ジュゼッペ・ベルディの悲恋オペラ「椿姫」は、パリ社交界の高級娼婦ビオレッタが真実の愛を知り、恋人アルフレードとともにたどる運命を描いた作品。イタリアのファッションブランド「バレンティノ」の創業者であるバレンティノ・カラバーニが、コッポラ監督作「マリー・アントワネット」(2006)に感銘を受けて演出をオファーし、16年に本公演が実現した。

コッポラをはじめ、スタッフは実力派が結集しており、カラバーニ自身がビオレッタのドレスをデザインし、その他の衣装もカラバーニの指示のもとバレンティノのスタッフが担当。さらに「プレステージ」「ダークナイト」「インターステラー」でアカデミー美術賞にノミネートされたネイサン・クロウリーが舞台美術を手がけ、ミラノ・ジュゼッペ・ベルディ交響楽団のアソシエイトコンダクターの経歴を持つヤデル・ビニャミーニが指揮を務めた。

予告編は、大階段での歌唱シーンなどを収めており、豪華絢爛(けんらん)な衣装と舞台美術を堪能することができる。中盤のメイキング映像では、コッポラが「演出するにあたり、映画監督の経験が役に立ちました。“直感を信じる”ということです」と本作に対する思いを明かしている。

ソフィア・コッポラの椿姫」は、10月6日から東京・TOHOシネマズ日本橋で2週間限定上映。

(映画.com速報)
マリー・アントワネット【通常版】[DVD] マリー・アントワネット【通常版】[DVD] 最安価格: ¥3,175 最も愛され、最も憎まれた世界一有名な王妃、マリー・アントワネット。14歳でフランス王家に嫁ぎ、18歳で即位したマリー・アントワネットの少女から王妃へと変貌する心の軌跡を描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi