松本潤“一生に一度の恋”を熱弁する行定勲監督に「妄想が激しいですね」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月27日 > 松本潤“一生に一度の恋”を熱弁する行定勲監督に「妄想が激しいですね」
メニュー

松本潤“一生に一度の恋”を熱弁する行定勲監督に「妄想が激しいですね」

2017年9月27日 20:19

島本理生氏の恋愛小説を映画化「ナラタージュ」

島本理生氏の恋愛小説を映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]島本理生氏の恋愛小説を、松本潤(嵐)と有村架純の共演で映画化した「ナラタージュ」の公開直前イベントが9月27日、東京・恵比寿ガーデンホールで行われ、松本と有村をはじめ、坂口健太郎、メガホンをとった行定勲監督が出席。「『一生に一度の恋をした人』限定! スペシャル試写会」と銘打たれた同イベントには、ドレスコードである“黒の衣装”を着用した観客が集結。松本らは“一緒に一度の恋”を経験した観客のエピソードのなかから、それぞれが心に響いた話を厳選した。

行定監督が選んだのは、1年に2回、親戚の集まりの場でしか会えない従兄への恋心を明かしたエピソード。選んだ理由を問われた行定監督はとにかく「エロい」と前置きしたうえで「『ナラタージュ』は先生と生徒という関係がスタンダードなんですが、社会的に抑圧される関係性。ラブストーリーは障害があればあるほど燃え上がるんです。これはかなり燃え上がる」と説明。“親戚の集まり”という点にもグッときたようで「酔っ払ったおじさんを2人で介抱したりして。ぐーぐー寝てるおじさんを横にキスなんかしたくなっちゃたりしてさ」と妄想を爆発させると、松本は「(話が)どんどん膨らむじゃないですか!」「妄想が激しいですね(笑)」とツッコミを入れていた。

一方、坂口は、3年半もの間アプローチを続けた女性とゴールインし、今年結婚30周年を迎えたという男性の話が印象的だったようだ。「話の内容は勿論、独白のような文体がとても素敵。自分のなかできちんと落ちているような文章が恰好いいなと思いました」と語ると、有村は携帯電話がなかった時代にすれ違ってしまった男女の甘酸っぱい恋の話をチョイス。「文通で関係を育んでいたというのが、今の時代にはないピュア恋愛模様。とても素敵な恋愛だなと感じました」と感想を述べていた。

松本は、10歳以上の年齢の離れた男性に思いを寄せる22歳の女性の心の揺らぎに深い共感を抱いた。「こういう方に是非この映画を見てもらいたい」と言葉を紡ぐと「相反する気持ちがあるんじゃないかなと想像しました。不安だったり、ちょっとネガティブな感情もありながらも、ポジティブな気持ちを信じたいというものが伝わってきました」と告白。そして「『ナラタージュ』が背中を押してくれるような作品となってくれれば嬉しいです」「22歳だとしたら、もう少し歳を重ねた時にこの映画を見れば、また印象が変わるのかもしれない」と語っていた。

ナラタージュ」は、高校教師と元生徒が再会し、許されざる恋に苦悩するさまを描く。女子大生の工藤泉(有村)のもとに、かつて恋心を寄せていた高校演劇部の顧問・葉山貴司(松本)から、公演への出演依頼の連絡が来る。1年ぶりに葉山と再会した泉は思いを抑え切れず、葉山もまた複雑な感情を抱くなか、ある事件が2人の関係に波乱をもたらす。10月7日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi