松田龍平、カンヌのレッドカーペットを経てランウェイに進出!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月23日 > 松田龍平、カンヌのレッドカーペットを経てランウェイに進出!?
メニュー

松田龍平、カンヌのレッドカーペットを経てランウェイに進出!?

2017年9月23日 23:25

エルメネジルド・ゼニアのブランド パーソナリティに就任した松田龍平「散歩する侵略者」

エルメネジルド・ゼニアのブランド
パーソナリティに就任した松田龍平
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の松田龍平が9月23日、東京・新宿のISETAN MEN'Sで行われた「エルメネジルド・ゼニア」日本上陸50周年記念イベントに出席。ブランドパーソナリティに就任した松田は、同ブランドのアーティスティックディレクターであるアレッサンドロ・サルトリ氏、CEOのジルド・ゼニア氏とともにトークに花を咲かせた。

「エルメネジルド・ゼニア」は、2010年に創立100周年を迎えたイタリアの老舗メンズブランドで、現在世界100カ国以上に525の販売拠点を有している。16年にサルトリ氏がアーティスティックディレクターに就任し、スーツブランドからライフスタイルブランドへの変革を掲げ、ファブリックからプレタポルテ、アクセサリーまでを展開するグローバルなラグジュアリーブランドへと成長している。

現在公開中の黒沢清監督作「散歩する侵略者」に続き「探偵はBARにいる3」(12月1日公開)、「羊の木」(18年2月3日公開)、「泣き虫しょったんの奇跡(仮題)」(18年公開)など話題作が目白押しの松田。「50周年という記念すべきタイミングで、ファッションシューティングとムービーをやらさせていただいたことをとても光栄に思います」と思いの丈を述べると、「着させていただいたのが、和テイストのもので親近感がわきました。とても楽しい撮影になりました。(作品を)ぜひ見ていただきたいです」とアピールしていた。

同ブランドとの出合いは、第70回カンヌ国際映画祭でのこと。ある視点部門へ正式出品された「散歩する侵略者」のレッドカーペットイベントに、同ブランドのタキシードを着用して参加していたようだ。「デビュー作『御法度』でカンヌには行っていたんですが、その後なかなか機会がなくて。19年ぶりの参加は、僕にとっても大切なタイミングだったんです。そこで50周年を迎えた『エルメネジルド・ゼニア』と仕事ができたことは、運命的だと思います」と語っていた。

サルトリ氏は松田の仕事ぶりに満足していたようで「次のファッションショーのランウェイを歩く姿をイメージしていただければ」とニッコリ。撮影時は「ファッションショーをイメージしていなかった」と謙そんしていた松田だが、思わぬオファーに「是非!」と一言。しかし「ウォーキングもかなりいけるんじゃないか?」とサルトリ氏から言葉を投げかけられると「ただ歩くだけじゃダメなんですよね? やっぱりちゃんと練習しないといけない(笑)」と苦笑いを浮かべていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi