ジョエル・エドガートン監督新作にグザビエ・ドラン、レッチリのフリー、トロイ・シバン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月21日 > ジョエル・エドガートン監督新作にグザビエ・ドラン、レッチリのフリー、トロイ・シバン
メニュー

ジョエル・エドガートン監督新作にグザビエ・ドラン、レッチリのフリー、トロイ・シバン

2017年9月21日 23:50

グザビエ・ドランと「レッド・ ホット・チリ・ペッパーズ」のフリー「わたしはロランス」

グザビエ・ドランと「レッド・
ホット・チリ・ペッパーズ」のフリー
Photo by Dominique Charriau/WireImage、
Photo by Jason LaVeris/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優ジョエル・エドガートンがメガホンをとる新作「Boy Erased(原題)」に、監督・俳優のグザビエ・ドラン(「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」)、バンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のフリー(「ベイビー・ドライバー」)、シンガーソングライターのトロイ・シバン(「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」)が出演することが決定したと、米ハリウッド・レポーターが報じた。

本作は、LGBTの人々を対象にしたプログラム「Love in Action」に参加したガラード・コンリーが、その体験を綴った2016年の同名回顧録を映画化する作品。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」で注目を集めた若手俳優ルーカス・ヘッジズが主人公の青年役で主演し、ラッセル・クロウニコール・キッドマンが両親役を演じる。

バプテスト教会の牧師の息子で、米アーカンソー州の田舎町に住んでいたコンリーは、19歳の時に同性愛者であることをカミングアウトしたところ、両親から教会が支援するセクシャリティ“矯正”プログラムに参加を薦められ、本当の自分を偽るか、家族や友人、信仰を失うか、選択を迫られた。

映画は、長編初メガホンをとった「ザ・ギフト」(16)が高く評価されたエドガートンの監督第2作で、エドガートンが脚本を執筆、出演も兼ねる。保守的なコミュニティにいる若きゲイ男性が、苦悩の末に自らのアイデンティを獲得するまでを描くとのことで、争奪戦の末にフォーカス・フィーチャーズが配給権を獲得しており、まもなくクランクインする。

(映画.com速報)
マンチェスター・バイ・ザ・シー ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] マンチェスター・バイ・ザ・シー ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 「ジェシー・ジェームズの暗殺」「インターステラー」のケイシー・アフレックが主演し、心を閉ざして孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに故郷に戻り、甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく姿を描いたヒューマンドラマ。
ザ・ギフト[Blu-ray/ブルーレイ] ザ・ギフト[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,691 「華麗なるギャツビー」「ブラック・スキャンダル」「ジェーン」などで活躍する俳優ジョエル・エドガートンの長編初監督作品で、「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」といった人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラム製作によるサイコスリラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi