アンジェリーナ・ジョリー監督作、アカデミー賞外国語映画賞のカンボジア代表に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月21日 > アンジェリーナ・ジョリー監督作、アカデミー賞外国語映画賞のカンボジア代表に
メニュー

アンジェリーナ・ジョリー監督作、アカデミー賞外国語映画賞のカンボジア代表に

2017年9月21日 11:00

アンジェリーナ・ジョリー「最初に父が殺された」

アンジェリーナ・ジョリー
写真:REX FEATURES/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]アンジェリーナ・ジョリーが監督を務めた「最初に父が殺された」が、アカデミー賞外国語映画賞のカンボジア代表に選ばれたとDeadlineが報じた。

同作はカンボジア人作家のロウン・ウンの手記(「First They Killed My Father」)の映画化で、クメール・ルージュによる独裁政治のなかで苦悩する5歳の少女の葛藤を描く。Netflixオリジナル作品として製作された同作は、米テルライド映画祭、カナダのトロント国際映画祭で上映されて、9月15日から世界同時配信されている。

ウン氏とともに共同で脚本も執筆したジョリーは、2005年からアメリカとカンボジアの二重国籍を所持しており、劇中の言語もカンボジアの公用語であるクメール語のため、同賞外国語映画賞への出品資格を有している。しかし、アメリカの監督が手がけた作品が外国語映画部門にノミネートされた前例が過去にないため、今後論議を呼ぶ可能性はありそうだ。

なお、「最初に父が殺された」がカンボジアの出品作に選定されたことを受けて、「映画に関わったみんなにとって、このことはとても大きな意味があります」とジョリーは声明を発表。「この物語を伝えるために現地のアーティストのみなさんと一緒にお仕事できたことは、感動的で、身の引き締まる体験でした」とコメントしている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi