橋本祥平ら舞台「キンプリ」キャスト、入浴シーンに意欲満々!氷室聖&法月仁役も発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月20日 > 橋本祥平ら舞台「キンプリ」キャスト、入浴シーンに意欲満々!氷室聖&法月仁役も発表
メニュー

橋本祥平ら舞台「キンプリ」キャスト、入浴シーンに意欲満々!氷室聖&法月仁役も発表

2017年9月20日 14:00

入浴シーンに意欲満々「KING OF PRISM by PrettyRhythm」

入浴シーンに意欲満々
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気劇場アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」の舞台挨拶付き応援上映イベントが9月20日、東京・新宿バルト9で開催され、同作を舞台化する「KING OF PRISM Over the Sunshine!」キャストの橋本祥平、小南光司杉江大志、大見拓土、横井翔二郎、長江崚行村上喜紀五十嵐雅、星元裕月、廣野凌大が出席した。舞台版キャストが顔をそろえるのは、本イベントが初めて。主人公・一条シン役の橋本は「楽しみにしてきました」と笑顔をはじけさせ、声優として劇場アニメ版にも出演した鷹梁ミナト役の五十嵐は「舞台チームがそろうのは初めてですが、みんなキラキラしています」と話した。

映画「KING OF PRISM」シリーズは、人気アイドルアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフ作品で、男子プリズムスタァたちが、4年に1度開催されるプリズムキングカップ出場を目指す物語。シリーズ第1弾「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(2016)は応援上映などが話題を呼び、17年6月には第2弾「KING OF PRISM PRIDE the HERO」が公開された。

舞台版となる「KING OF PRISM Over the Sunshine!」は、アニメシリーズから引き続き青葉譲が脚本を執筆。現段階ではストーリーは明かされておらず、稽古も始まっていない。「劇場版といえば“お風呂のシーン”も多いですが、演じてみたいシーンは?」という質問が上がると、「お風呂のシーンをどうやって再現するんだろう。脱いじゃうんですかね(笑)。体を鍛えておかないと」(横井)、「コミカルに再現できたらいいな」(星元)と意欲満々。橋本も「お風呂、気になりますね。お風呂ソングとか歌ったら楽しいんじゃないかな」と同調した。


画像2

[拡大画像]

舞台版は、アニメ版劇中歌の使用を予定している。「歌いたい曲」を問われた、神浜コウジ役の小南は「やっぱり、舞台の題名にもなった『Over The Sunshine』は歌いたいです。歌って踊ってキラキラしたい」とニッコリ。一方、速水ヒロを演じる杉江大志は、「『athletic core』。オバレとして、皆さんにポジティブでキラキラしたパワーをお届けしたい」と答えた。

またこの日は、新キービジュアルと追加キャストも発表され、若手俳優の栗田学武が氷室聖、前内孝文が法月仁を演じることがわかった。主要キャラクターが結集した新キービジュアルを目にしたキャスト陣は、「きらめきがやばい!」と大興奮だった。「KING OF PRISM Over the Sunshine!」は、大阪公演が梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで11月2~5日、東京公演がAiiA 2.5Theater Tokyoで11月8~12日に上演される。千秋楽公演のライブビューイングも決まっている。

(映画.com速報)
劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm...[Blu-ray/ブルーレイ] 劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,141 キュンキュン&熱血プリズムショー劇場アニメが、ファンの熱望を受けてBlu-ray&DVD化!プリズムの煌めきをいつでも摂取できる!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi