「world's end girlfriend」の音楽がきらめく「星空」日本版予告編完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月20日 > 「world's end girlfriend」の音楽がきらめく「星空」日本版予告編完成
メニュー

「world's end girlfriend」の音楽がきらめく「星空」日本版予告編完成

2017年9月20日 12:00

台湾の人気絵本作家のベストセラーを映画化「星空」

台湾の人気絵本作家のベストセラーを映画化
(C)HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION
TOMSON INTERNATIONAL ENTERTAINMENT
DISTRIBUTION LIMITED FRANKLIN CULTURAL CREATIVITY CAPITAL CO.,
LTD ATOM CINEMA CO., LTD.
ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「九月に降る風」「百日告別」のトム・リン監督が台湾の人気絵本作家ジミー・リャオ氏のベストセラーを映画化した「星空」の日本版予告編が、このほどお披露目された。

本作は2012年の大阪アジアン映画祭の特別招待作品として上映され、一般公開が熱望されながらも、それ以降は日本の版権の所在が不明とされてきた幻の作品だ。様々な美術品が並ぶ家で育った13歳の少女(リン・フイミン)は、美術商である両親の離婚問題に悩み、心の支えだった彫刻家の祖父の死を経験したことで、孤独な日々を送っていた。だが、スケッチブックを待って街をさまよう不思議な転校生の少年(シュー・チャオ)と交流を深めたことで、“星空”を見るための旅の出る。

主演は「ミラクル7号」でチャウ・シンチーの息子役に挑戦したシュー・チャオ、本作で映画初出演を飾ったリン・フイミンが務め、人気バンド「Mayday」のシー・チンハン、「薄氷の殺人」のグイ・ルンメイが特別出演。撮影は「捜査官X」「GF*BF」のジェイク・ポロックが撮影を担当するほか、前田勝彦によるソロユニット「world's end girlfriend」(ゲストボーカリスト:湯川潮音)が音楽を手がけている。

「world's end girlfriend」は、本作を「かつて私も三本足の象と共に歩いたり、銀河をかける電車に乗れたりもした。より生々しく愛おしい何かを得るために私はすでに失ってしまったものばかりだけど、ときおり振り返っては少し遠くから眺めます。誰かの過去であり誰かの未来でもある美しい季節の映画です」と説明。一方、湯川は「主人公の少女の儚さや透明感が物語全体に星のように煌いていました。夢と現実が交差する世界。歌で参加できて嬉しいです」とコメントを寄せている。

「world's end girlfriend」の楽曲が彩る予告編では、かつて家族でつくったパズルに描かれていた“星空”が忘れられない少女が、自身と同じような事情を抱える少年に「(“星空”を)見に行かない?」と提案。2人だけの旅に出た少年少女は、電車、そしてスイカを積載したトラックの荷台に乗りながら、目的地の場所へと歩みを進める。やがて眼前に現れた“星空”が、彼らの人生にどのような影響をもたらすのか気になる仕上がりだ。

星空」は、10月28日から東京・新宿K's cinemaほか全国で順次公開。

(映画.com速報)
九月に降る風[DVD] 九月に降る風[DVD] 最安価格: ¥3,175 1996年夏、台北郊外の新竹を舞台に、9人の高校生たちによる愛と友情を描いた青春映画の傑作品。
ミラクル7号 コレクターズ・エディション[DVD] ミラクル7号 コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,000 『カンフーハッスル』『少林サッカー』のチャウ・シンチー監督・脚本・主演で贈るSFエンタテインメント!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi