愛犬家・佐々木希、「僕のワンダフル・ライフ」に「とにかく泣きました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月19日 > 愛犬家・佐々木希、「僕のワンダフル・ライフ」に「とにかく泣きました」
メニュー

愛犬家・佐々木希、「僕のワンダフル・ライフ」に「とにかく泣きました」

2017年9月19日 18:30

愛犬のマロンちゃん(写真左)と共に「僕のワンダフル・ライフ」

愛犬のマロンちゃん(写真左)と共に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の佐々木希が9月19日、都内で行われた米映画「僕のワンダフル・ライフ」の公開直前PRイベントに、愛犬であるロングコートチワワのマロンちゃんと共に登場。「昨日より今日がかわいい。毎日、愛おしさが増している」と“親バカ”ぶりを披露し、「トリミングをお願いしたりすると、(マロンちゃんが留守になり)家が静かで、さみしいですね」と愛犬への思いを語った。

HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作。小説家のW・ブルース・キャメロン氏が、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説を原作に、愛する飼い主に再会するために、50年の間に3度も生まれ変わるゴールデンレトリーバーのベイリーの旅路を情感たっぷりに描く。

佐々木は「とにかく泣きました。ご覧になれば、温かい気持ちで涙が流れるはず。私もマロンをもっともっと大事にしようと思った」と飼い主と愛犬の時空を超えた絆に、心を打たれた様子。「私にとって、常に寄り添ってくれるマロンは、日々の癒しであり原動力。言葉で表すのはすごく難しいですが、家族であり、同志であり、友だち。奥深い関係です」と話していた。

イベントにはAmazonプライムビデオのCMで話題となったゴールデンレトリーバーのゼウスと、生後約2カ月だというゼウスの息子、アポロンとアレスが登場。佐々木はゼウス親子と触れ合い、「かわいいー。フワフワで柔らかい」とご満悦だった。

僕のワンダフル・ライフ」は、ニュージーランド出身の新星K・J・アパ、「オーロラの彼方へ」のデニス・クエイド、「トゥモローランド」のブリット・ロバートソン、「ツイン・ピークス」のペギー・リプトンらが出演する。9月29日から全国公開。

(映画.com速報)
マイライフ・アズ・ア・ドッグ【HDマスター】[Blu-ray/ブルーレイ] マイライフ・アズ・ア・ドッグ【HDマスター】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 コメント 「サイダー・ハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム監督の出世作。病に倒れた母親の元を離れ、ガラス工場のある小さな町へと向かった少年が、のどかな田舎の生活を通して成長していく姿を描いたドラマ。
HACHI 約束の犬[Blu-ray/ブルーレイ] HACHI 約束の犬[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,802 1987年に日本で公開された感動の実話「ハチ公物語」がハリウッドで映画化。大学教授のパーカーと、秋田犬のハチの深い愛情と強い絆を描くドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi