「ワンダーウーマン2」ジェンキンス監督の続投が正式決定 ギャラは8億円超 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月13日 > 「ワンダーウーマン2」ジェンキンス監督の続投が正式決定 ギャラは8億円超
メニュー

「ワンダーウーマン2」ジェンキンス監督の続投が正式決定 ギャラは8億円超

2017年9月13日 11:00

女性監督として史上最高額の契約「ワンダーウーマン」

女性監督として史上最高額の契約
Photo by Jason LaVeris/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース]今夏の世界的大ヒット作「ワンダーウーマン」のパティ・ジェンキンス監督が、続編のメガホンをとることが正式に決定した。

契約内容の詳細は明らかになっていないが、米バラエティが入手した情報によれば、ジェンキンス監督は製作・監督・脚本を務め、800万ドルを手にするようだ。これは、1作目(監督のみ)の報酬100万ドルから大幅アップというだけでなく、女性監督として史上最高額となる。

ジェンキンス監督は現在、DCエンタテインメント社長のジェフ・ジョンズとともに脚本を執筆中。米The Wrapによれば、2019年12月13日に全米公開予定の続編では1980年代を舞台にワンダーウーマンがソビエト連邦に立ち向かう姿を描くという。主演ガル・ギャドットの続投はすでに決定している。

ジェンキンス監督は、「ワンダーウーマン」の出演者クリス・パインとともにテレビシリーズ「One Day She'll Darken(原題)」の開発にも着手している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi