「デッドプール」スピンオフ「Xフォース」はドリュー・ゴダード監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月13日 > 「デッドプール」スピンオフ「Xフォース」はドリュー・ゴダード監督
メニュー

「デッドプール」スピンオフ「Xフォース」はドリュー・ゴダード監督

2017年9月13日 11:00

ドリュー・ゴダード監督「デッドプール」

ドリュー・ゴダード監督
Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米20世紀フォックスが新たに展開する「X-MEN」シリーズのスピンオフ映画「Xフォース(原題)」で、ドリュー・ゴダードが監督を務めることが決まったと、米Deadlineが報じた。

本作は、大ヒット映画「デッドプール」の同名主人公と、その続編「デッドプール2(原題)」でスクリーンに初お目見えするキャラクター、ケーブルを中心とした、X-MENのなかで最も攻撃的なチームとして知られる荒くれミュータントたちの戦闘集団「Xフォース」の活躍を描くもの。同サイトによれば、サイモン・キンバーグローレン・シュラー・ドナー、デッドプールことウェイド・ウィルソン役で主演を兼ねるライアン・レイノルズがプロデューサーを務める本作で、監督に加え脚本も担当するゴダードは、すでに第1稿を書き上げ、クリス・ヘムズワース主演の最新監督作「Bad Times at the El Royale(原題)」の撮影が終わり次第、準備に取りかかる予定だという。

Netflixのテレビドラマ版「デアデビル」で企画・制作総指揮を務める予定だったのが、「アメイジング・スパイダーマン」のスピンオフ映画「シニスター・シックス」の脚本・監督に抜てきされたことからやむなく降板。しかしその後、製作元の米ソニー・ピクチャーズが「スパイダーマン」シリーズの再リブートを優先させる決定を下したことで、同映画も企画途中で棚上げになり、またしても降板を余儀なくされたゴダードが、満を持して初メガホンをとるスーパーヒーロー映画とあって、大いに期待できそうだ。

ちなみにフォックスは2018年、開花したばかりの特殊能力に戸惑う若いミュータントたちの葛藤と冒険を描く「ニュー・ミュータンツ(原題)」(全米公開4月13日)を皮切りに、「デッドプール2(原題)」(同6月1日)、元祖「X-MEN」シリーズでおなじみジーン・グレイを主人公にした「X-MEN:ダーク・フェニックス(原題)」(同11月2日)と、「X-MEN」スピンオフ3作品を立て続けに公開すると発表している。

(映画.com速報)
デッドプール[Blu-ray/ブルーレイ] デッドプール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 型破りな悪童キャラで異彩を放つアンチ・ヒーロー“デッドプール”を主人公に迎えたアクション作品。
マーベル/デアデビル シーズン1 COMPLETE BOX[Blu-ray/ブルーレイ] マーベル/デアデビル シーズン1 COMPLETE BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥9,726 マーベルコミックが原作の、アメリカ・ニューヨークのスラム街“ヘルズ・キッチン”を舞台に、昼は盲目の弁護士として働き、夜は正義のヒーロー“デアデビル”として法では裁ききれない悪を退治するダークヒーローの姿を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi