「ワンダーウーマン」ガル・ギャドット、「マッドマックス」フュリオサ役落選を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月11日 > 「ワンダーウーマン」ガル・ギャドット、「マッドマックス」フュリオサ役落選を告白
メニュー

「ワンダーウーマン」ガル・ギャドット、「マッドマックス」フュリオサ役落選を告白

2017年9月11日 11:00

「ワンダーウーマン」が大ヒット中の ガル・ギャドット「ワンダーウーマン」

「ワンダーウーマン」が大ヒット中の
ガル・ギャドット
Photo by JB Lacroix/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] DCコミックの女性ヒーローを描いた主演作「ワンダーウーマン」が大ヒットを記録した女優ガル・ギャドットが、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に登場した人気キャラクター、フュリオサ役のオーディションに落選していたことを、米ハリウッド・レポーターのインタビューで告白した。

フュリオサは独裁者イモータン・ジョーに反旗を翻す女戦士で、ワンダーウーマンと並ぶ“フェミニスト・アイコン”として知られる。イスラエル出身のギャドットは、「ワンダーウーマン」に起用される以前、オーディションのたびに夫・娘を連れてイスラエルとハリウッドを往復していた。しかし、大ヒットアクション「ワイルド・スピード」シリーズに出演した後も、チャンスをつかむことは難しかったそうだ。フュリオサ役のオーディションにも臨んだが、結果的に同役は「モンスター」のオスカー女優シャーリーズ・セロンの手に渡った。

「何度も大きな役に決まりかけたけど、私には知名度が足りなかった。いつも最終的に私か、もう1人の有名女優か、ということになった」「そうしているうちに、家族を犠牲にしてこんなことをしたくないと思うようになったの。どうせダメなのに、続ける意味なんてある?って」とギャドットは語り、ハリウッド進出を諦め、イスラエルに戻る寸前だったという。

そんな時に、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でベン・アフレック(バットマン役)とのオーディションに呼ばれ、ワンダーウーマン役を獲得。当初は原作ファンから「胸が小さすぎる、お尻が小さすぎる」と反対されたそうだが、ギャドットはわずかな出演シーンながら鮮烈な印象を残し、単独主演作「ワンダーウーマン」の成功へと繋がった。

ちなみに、「ワンダーウーマン」は「モンスター」のパティ・ジェンキンス監督がメガホンをとっている。ジェンキンス監督とギャドットは、再タッグを組む「ワンダーウーマン2(仮題)」が2019年12月13日の全米公開の予定だ。ギャドットは、DCコミックのスーパーヒーローが結集する「ジャスティス・リーグ」(ザック・スナイダー監督)が11月17日から全米公開、11月23日から日本公開。

(映画.com速報)
マッドマックス 怒りのデス・ロード[Blu-ray/ブルーレイ] マッドマックス 怒りのデス・ロード[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 自由と生き残りを賭けた“MAD”な戦いを描くバイオレンス・アクション大作。
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生[Blu-ray/ブルーレイ] バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 不朽のヒーロー「スーパーマン」をリブートした「マン・オブ・スティール」の続編で、ヘンリー・カビル演じる主人公のクラーク・ケント=スーパーマンに加え、DCコミックを代表するヒーロー「バットマン」も登場。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi