高良健吾、地元・熊本地震の経験踏まえ「知っておく備え」の重要さを力説 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月10日 > 高良健吾、地元・熊本地震の経験踏まえ「知っておく備え」の重要さを力説
メニュー

高良健吾、地元・熊本地震の経験踏まえ「知っておく備え」の重要さを力説

2017年9月10日 13:30

高良健吾とくまモン「シン・ゴジラ」

高良健吾とくまモン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の高良健吾が9月10日、東京・有明のそなエリア東京で行われた防災イベント「みんなの防災+ソナエ」の記者発表に出席した。

イスに座って地震の震度を体感したり、災害時のドローン操縦体験などができるイベントで、9月3日~12月10日の間に全国14会場で開催。この日の会見が行われた同施設内のオペレーションルームは、映画「シン・ゴジラ」で政府の対策本部として撮影に使用された場所で、出演した高良は「ちょうど長谷川博己さんと入ってきて、ここからハケていきました。いろいろな場所でロケをしましたが、その中でも特に印象に残っていますね」と懐かしそうに語った。

昨年4月に地元の熊本で大地震が起き、自身もボランティアとして何度も現地入り。校庭に「のみ水ください」というメッセージを書いた熊本市内の中学校は母校でもあり、「市内でも大人が1日500ミリのペットボトル1本という状態だった。地元に残っている仲間や、こっちに出てきている友達と連絡を取り合い自分たちのつてでいくらでも運ぶことができた」と振り返った。

当時の様子については、「どの避難所でも、配る時に並ぶと必ずお年寄りや子どもたちを優先する。パワーをもらったのは、大変な状況なのにユーモアを忘れない人が必ずいて、周りをほぐしていく景色。大切なことだと思った」と明かした。

現在は、地震保険応援キャラクターとしても活動し「地震保険」のCMにも出演中。「いろいろな装備や使い方も学んでいますが、大切なのはイメージトレーニングだと思う。そういう状況に陥った時、どう行動するかをイメージしておけば、一瞬落ち着けるし最初の一歩が速くなる。熊本でも100何年前に大きな地震があったけれど、僕らは知らなかった。地球、自然が相手だから受け入れなきゃいけないところもあるし、知っておく備えは必要だと思う」と訴えていた。

なお、イベントには気象予報士の森田正光木原実鈴江奈々の各氏とくまモンも出席した。

(映画.com速報)
シン・ゴジラ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] シン・ゴジラ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,836 「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi