「ブレードランナー2049」の前日譚を描く短編「2036: Nexus Dawn」が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月10日 > 「ブレードランナー2049」の前日譚を描く短編「2036: Nexus Dawn」が公開
メニュー

「ブレードランナー2049」の前日譚を描く短編「2036: Nexus Dawn」が公開

2017年9月10日 12:00

「ブレードランナー2049」の一場面「ブレードランナー」

「ブレードランナー2049」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ライアン・ゴズリングハリソン・フォード主演のSF映画「ブレードランナー2049」の前日譚を描く短編映画「2036: Nexus Dawn」が公開された。

ブレードランナー2049」は、2019年を舞台にしたSF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982)から30年後を舞台にした注目の続編。「メッセージ」の奇才ドゥニ・ビルヌーブ監督がメガホンをとっている。

今年7月に米サンディエゴで行われたポップカルチャーのイベント、サンディエゴ・コミコン・インターナショナルで前作と続編を繋ぐ設定が明らかにされていたが、2036年に起きた重要な出来事が短編映画「2036: Nexus Dawn」として発表された。ジャレッド・レト演じる盲目の科学者ネンデル・ウォレスが、レプリカント禁止法を廃止に追い込むきっかけが描かれている。

メガホンをとったのは、オリジナル版を手がけたリドリー・スコット監督の次男ルーク・スコット(「モーガン プロトタイプL-9」)。なお、イントロダクションに登場したビルヌーブ監督によれば、30年の空白期間に起きた重要なイベントを描く短編映画は計3本あるそうで、残りの2本は「ブレードランナー2049」の劇場公開までにお披露目されることになりそうだ。

ブレードランナー2049」は、10月27日全国で公開。

(映画.com速報)
ブレードランナー ファイナル・カット[Blu-ray/ブルーレイ] ブレードランナー ファイナル・カット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 2019年のロサンゼルスを舞台に、人間を殺したために解体処分が下された“レプリカント”と、それを追うレプリカント専門の賞金稼ぎ“ブレードランナー”を描くSF映画の金字塔的作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi