新海誠監督、自身の展覧会開催は「光栄です」 音声ガイドは神木隆之介 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月7日 > 新海誠監督、自身の展覧会開催は「光栄です」 音声ガイドは神木隆之介
メニュー

新海誠監督、自身の展覧会開催は「光栄です」 音声ガイドは神木隆之介

2017年9月7日 17:45

発表会に出席した新海誠監督「君の名は。」

発表会に出席した新海誠監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメ映画「君の名は。」で一大ブームを巻き起こした新海誠監督の軌跡を紹介する展覧会「新海誠展 『ほしのこえ』から『君の名は。』まで」の記者発表会が9月7日、東京・六本木の国立新美術館で行われ、新海監督、同館館長の青木保氏らが出席した。

新海監督のデビュー15周年を記念して開催される本展は、商業デビュー作となった短編「ほしのこえ」(2002)から「君の名は。」(16)までの道のりを、製作資料、絵コンテ、作画、美術、作品世界が体感できる造形物など約1000点の展示を通して迫る。さらに、本展覧会の音声ガイドを、「君の名は。」の声優を務めた俳優・神木隆之介が担当することが決定。新海監督は、「聞くのが楽しみです。彼がどういう風に僕の作品を解説してくれるのか、早く聞きたいです」と期待を寄せた。

国立の美術館で現役アニメーション映画監督の名前を冠した展覧会が開かれるのは、初の試みとなる。新海監督は、「大変光栄に思います」と感謝。そして、「同時に居心地の悪い思いもするんです。アニメーションというのは集団製作ですので、僕が描いたものもありますが、展示物の多くは、スタッフが描いてくれた共同製作の結果。そういうものに、新海誠展とひとつの名前を冠していただくことに対して、申し訳なさ、居心地の悪さみたいなものも感じています」と率直な思いを明かした。

さらに「2016年、『君の名は。』はとても大きな作品でした」と振り返り、「監督が僕じゃなかったとしても、ああいう手触りの映画が、2016年の夏に出てきたんじゃないかと不思議と思える作品」と告白。「脚本は僕が書きましたし、作りたいと思って作った作品ですが。作る役割のようなものが自分にあって、素晴らしいスタッフがたまたま、偶然のようなタイミングで集まってくれて、作品を作らされたというか。オカルトめいてしまいますが、そんな気持ちがある」と言い、そのうえで「展覧会を見ることで、『どうしてあの時こういう映画を作ったのだろう』と、発見できるかもしれないという期待があります」と語った。

6月3日に静岡・大岡信ことば館でスタートした「新海誠展」は、長野・小海町高原美術館を経由して東京へ巡回する。東京会場は、国立新美術館で11月11日~12月18日に開催。東京会場限定の特別展示として、15年の歩みをより深く掘り下げる「キーワードで読み解く作品世界」「新海誠と時代背景」「映像制作の舞台裏」「世界に広がる新海誠」が企画されている。入館料は、当日券が一般1600円、大学生1200円、高校生800円、中学生以下は無料で、前売り券は各200円引きとなる。

(映画.com速報)
ほしのこえ(サービスプライス版)[DVD] ほしのこえ(サービスプライス版)[DVD] 最安価格: ¥1,854 宇宙と地上に引き裂かれた少年と少女の恋を描いたフルCGアニメーション。
「君の名は。」Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 「君の名は。」Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,836 「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が、前作「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出したオリジナル長編アニメ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi