迫真の戦争描写にも注目 実話描く「ヒトラーに屈しなかった国王」予告披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月7日 > 迫真の戦争描写にも注目 実話描く「ヒトラーに屈しなかった国王」予告披露
メニュー

迫真の戦争描写にも注目 実話描く「ヒトラーに屈しなかった国王」予告披露

2017年9月7日 17:00

人間ドラマと戦争描写を両立「ヒトラーに屈しなかった国王」

人間ドラマと戦争描写を両立
(C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/
Film Vast/Zentropa Sweden/Copenhagen
Film Fund/Newgrange Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第89回米アカデミー賞の外国語映画賞ノルウェー代表作品になった「ヒトラーに屈しなかった国王」の予告編が、このほどお披露目された。第二次世界大戦下、ナチス・ドイツに抵抗し続けたノルウェー国王・ホーコン7世の実話を描いた今作。予告映像は、手持ちカメラで撮影された銃撃シーンや、上空を飛び交う戦闘機などにより、見る者にあたかも戦時下にいるかのような緊張感を与える仕上がりだ。

1940年4月9日、ドイツが首都オスロに侵攻を開始する。圧倒的な戦力差になすすべもなく主要都市は占領されていくなか、ドイツ公使による降伏要求が突きつけられるが、国王ホーコン7世はこれを拒否。なおも要求は苛烈を極め、ナチスに従うか国を離れて抵抗を続けるか、ホーコン7世は家族と国民のため、究極の選択を迫られる。

予告は、ノルウェー軍がドイツを大砲で迎撃するシーンから始まる。一方で降伏を強要するドイツ公使を前に、ホーコン7世が国民、祖国、家族のために「降伏か、抵抗か」を選択しなければならず、苦渋の表情を浮かべる模様が随所に映し出されている。

ヒトラーに屈しなかった国王」は、「007 カジノ・ロワイヤル」「007 慰めの報酬」「007 スペクター」で悪役ミスター・ホワイトに扮したイェスパー・クリステンセンが主演。ほか「コン・ティキ」のアンドレス・バースモ・クリスティアンセン、「ヒトラーの贋札」のカール・マルコビクスが共演し、「おやすみなさいを言いたくて」のエリック・ポッペ監督がメガホンをとった。12月から東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)
カジノ・ロワイヤル[Blu-ray/ブルーレイ] カジノ・ロワイヤル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 ジェームズ・ボンドが誕生するまでの物語を描いた、ノンストップ・スタイリッシュ・アクション。
007/慰めの報酬[Blu-ray/ブルーレイ] 007/慰めの報酬[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 イギリス情報局秘密情報部に所属するジェームズ・ボンドの活躍を描いたスパイ・アクション「007」シリーズより、第22作目。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi