坂本龍一ドキュメンタリーにベネチアが熱狂!行く先々で声をかけられる人気 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月6日 > 坂本龍一ドキュメンタリーにベネチアが熱狂!行く先々で声をかけられる人気
メニュー

坂本龍一ドキュメンタリーにベネチアが熱狂!行く先々で声をかけられる人気

2017年9月6日 11:46

坂本龍一とスティーブン・ノムラ・シブル監督「Ryuichi Sakamoto: CODA」

坂本龍一とスティーブン・ノムラ・シブル監督
(C) Kazuko Wakayama
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第74回べネチア映画祭の開催5日目、坂本龍一を追ったドキュメンタリー「Ryuichi Sakamoto:CODA」がアウト・オブ・コンペティション部門で上映され、坂本が監督のスティーブン・ノムラ・シブルとともにレッドカーペットに登場し、大きな歓声で迎えられた。

上映に先立つ会見で、ドキュメンタリーのきっかけを聞かれた坂本は英語で、「ふだん人前に出るのはあまり好きじゃないんですが、監督のとても紳士的で控えめで寛大な人柄にほだされました」と語った。

映画は、2012年から坂本に密着。音楽的な活動のほか、東日本大震災後に福島を訪れたり、ニューヨークの自宅で作曲をする様子など、社会活動家としての側面やプライベートな顔も紹介するドキュメンタリーとなっている。さらにYMO時代のフッテージや、ベルナルド・ベルトルッチからサウンドトラックを依頼された「ラスト・エンペラー」のエピソードなども。もっとも、ドキュメンタリーにありがちなキャリアの総括やインタビューの集積といったものではなく、アーティストを静かに見つめ、その内なるインスピレーションに寄り添うような作りになっている。

上映後、観客が総立ちとなり惜しみない拍手を送ると、坂本は照れくさそうに手を振った。この日、完成版を初めて見たそうで、「思わず目を塞ぎたくなるような、見たくないところはありましたね(笑)。自分としては客観的に見られないですが、お客さんの(熱狂的な)反応に驚きました。早くあの場を立ち去りたかったんですけど、映画祭ディレクターのアルベルト・バルベラさんに引き止められました(笑)」と明かした。

一方、18歳まで東京で育ち、YMOの音楽を耳にしながら大きくなったというシブル監督は、「我ながらまさかこんな日が来るとは思わなかった。彼とコラボレーションができて本当に光栄です」と喜びを露わにした。

坂本はさらに、同映画祭クラシック部門に出品され、「大好きな監督」と尊敬する小津安二郎の「お茶漬けの味」4Kデジタル修復版のプレゼンテーションもおこなった。行く先々でファンから声を掛けられなど、その人気ぶりはまさしく「世界のサカモト」。イタリアはベルトルッチの故国であり、坂本自身、ベネチア映画祭で審査員を務めたこともあるだけに、なおさら人気が定着している印象だった。(佐藤久理子)

(映画.com速報)
ラストエンペラー ディレクターズカット〈初回生産限定版〉[DVD] ラストエンペラー ディレクターズカット〈初回生産限定版〉[DVD] 最安価格: ¥3,990 ベルナルド・ベルトルッチ監督が、清朝最後の皇帝溥儀の人生を壮大なスケールで描いた歴史超大作がディレクターズ・カット版で登場!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi