岡田准一、東出昌大に無茶ぶり連発「今、東出スマイルしてる?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月5日 > 岡田准一、東出昌大に無茶ぶり連発「今、東出スマイルしてる?」
メニュー

岡田准一、東出昌大に無茶ぶり連発「今、東出スマイルしてる?」

2017年9月5日 23:45

石田三成の15代目子孫にあたる 石田秀雄さんも登壇「関ヶ原」

石田三成の15代目子孫にあたる
石田秀雄さんも登壇
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡田准一が9月5日、東京・TOHOシネマズ日劇で行われた、主演映画「関ヶ原」の大ヒット記念イベントに共演の東出昌大、メガホンをとった原田眞人監督とともに出席した。

岡田は、登場するなり「東出くんになりたい岡田准一です。よろしくお願いいたします」と言い、“東出いじり”を開始する。東出が「裏でずっと『何かネタないの? 面白いネタないの?』とつめ寄られて……」とこぼすと、すぐさま岡田は「何かないの? 何か欲しいじゃないですか」とリクエスト。「えー! ないよー! ないよー!」と絶叫する東出に対し、さらに岡田は「今、東出スマイルしてる? 東出スマイルってあるんですよ。業界内で有名な。目は笑ってないけど、口だけ笑っているという、サイコパスな(笑)」と無茶ぶりを続ける。東出がしぶしぶ実演すると、場内は大爆笑だった。

映画は、石田三成(岡田)の義を貫いた生きざまを軸に、戦国史上最大の天下分け目の決戦・関ヶ原の戦いを真っ向から描いた。8月26日に封切られた本作は、国内映画ランキングで2週連続首位を獲得。累計観客動員数は96万7000人、興行収入は11億8000万円(9月4日付)を記録した。原田監督の現場での“鬼のような佇まい”とかけて、“鬼ヒット”を目標として掲げてきた岡田は「鬼ヒットの次に修羅ヒットというのがあるので、なんとか修羅までいけたら」と次なる野望を語る。原田監督が「次の現場で修羅になってもいいってこと?」と乗っかると、「監督の修羅は勘弁してもらいたいです。これ以上怒鳴っていると現場はもう……」と苦笑いだった。


画像2

[拡大画像]

イベント中盤には、スペシャルゲストとして石田三成の15代目子孫にあたる石田秀雄さんが登壇。岡田が、役作りについて「原作では『お腹が痛い!』という描写があるので、人間らしい三成を表現をしてきた」と話すと、石田さんは「過敏性腸症候群が15代続いている。私の父も息子も代々。私も昨日そうだったんです。やっと今日は治って、薬で抑えて来た」と腹痛に悩まされていることを告白する。

これを受け、岡田が「お腹が痛いという表現は、台本にはなかったのですが、たまに心の中で『実はお腹が痛いんだ』と思いながら演じていたんです。誰も気づかないだろうなと思ってやっていましたけど、至る所でやっている」と明かすと、石田さんは「感じていましたよ」とニッコリ。岡田は、「感じました!?」と声をあげ、「伝わらないなと思っていたが、一族にいらっしゃった!」と大喜びしていた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi