ベネチア国際映画祭、G・デル・トロ監督作&ジョージ・クルーニー監督作が注目集める : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月4日 > ベネチア国際映画祭、G・デル・トロ監督作&ジョージ・クルーニー監督作が注目集める
メニュー

ベネチア国際映画祭、G・デル・トロ監督作&ジョージ・クルーニー監督作が注目集める

2017年9月4日 12:00

ジョージ・クルーニー監督、マット・デイモンとジュリアン・ムーアらとともにレッドカーペットに「パンズ・ラビリンス」

ジョージ・クルーニー監督、マット・デイモンとジュリアン・ムーアらとともにレッドカーペットに
(C)KAZUKO WAKAYAMA
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選出されている、ギレルモ・デル・トロの「The Shape of Water」が公式上映され、高い評価を得た。また、同部門のジョージ・クルーニー監督作「Suburbicon(原題)」も注目を集めている。

「The Shape of Water」は、1960年代の冷戦を背景に、アメリカの軍事科学基地に掃除夫として通う孤独なヒロインが、ひょんなことからクリーチャーの開発を目撃し、やがて密かにクリーチャーと心通わすようになるものの、命を狙われるという物語。デル・トロらしいクリーチャー愛がさく裂した作品で、「パンズ・ラビリンス」が子どもを主人公にした寓話だったのに対し、今作は大人の女性を主人公にしたクリーチャーとのラブストーリー。まさにデル・トロ版「美女と野獣」と言える。クリーチャーの細やかな造形に加えレトロ感漂う映像も美しく、公開時にも大きな話題となりそうだ。

クルーニーの監督作「Suburbicon(原題)」は、80年代にコーエン兄弟が書いた脚本を、クルーニーと共同脚本家のグラント・ヘスロウが新たに脚色。50年代の一見理想的な郊外の街で、人種差別とある家族の内輪もめが発展し、収拾がつかなくなる様子をブラックユーモアたっぷりに描く。

クルーニーは会見で、現代のアメリカの空気を反映していることを強調。「いまのアメリカではどっちの側にせよ、誰もが怒っている。黒い雲が国中に広がっている。それを映画に反映させるのはもっともだと思った。でも僕は本来楽観的なたちだし、ポジティブな性格。だからエンディングは少し気分が良くなるようにしたかった」。さらに「次期大統領になりたいか」と尋ねられると、「ああ、それは楽しそうだね(笑)。とにかく、誰でもいいから早く次の大統領に変わって欲しいよ」とジョークと本音を交えて答えた。

クルーニーとともに、主演のマット・デイモンジュリアン・ムーアも会見に出席したほか、レッドカーペットではそれぞれが伴侶を伴って登場。今年双子の父親となったクルーニーと妻のアマルさんは、特に大きな歓声で迎えられた。

(映画.com速報)
パンズ・ラビリンス Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] パンズ・ラビリンス Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 メキシコ人の鬼才ギレルモ・デル・トロ監督によるダーク・ファンタジー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi