桜井ユキ&高橋一生共演「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY」現実と妄想が交わるポスター&予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月31日 > 桜井ユキ&高橋一生共演「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY」現実と妄想が交わるポスター&予告編
メニュー

桜井ユキ&高橋一生共演「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY」現実と妄想が交わるポスター&予告編

2017年8月31日 10:00

色彩も印象的なポスタービジュアル「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ」

色彩も印象的なポスタービジュアル
(C)2017 KingRecords
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「SLUM-POLIS」「MATSUMOTO TRIBE」で知られる新鋭・二宮健監督の商業映画デビュー作「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ」のポスタービジュアルと予告編が、このほどお披露目された

二宮監督が2014年にオリジナル脚本で製作し、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」で審査員特別賞を受賞した「眠れる美女の限界」をセルフリメイク。生きる目的もなく小さなサーカス団でマジシャンの助手をしている29歳のオリアアキ(桜井ユキ)は、ステージ上で催眠術にかかる演技をしているうちに、現実と妄想の世界を行き来するようになる。そんな精神状態のアキにとって、唯一の美しい思い出は、恋人・カイト(高橋一生)との時間だった。

「オリアアキ29歳――それでも世界は、素晴らしい。」というコピーが添えられたポスタービジュアルは、主人公アキが仮面をつけた場面写真などを組み合わせたもの。外見を隠す意味だけにとどまらず、内面をも包み隠し、そして“別人”にすら変われる可能性を秘めた仮面は、現実と妄想の世界を往来するアキを象徴するようなアイテムだ。また、カイトがカメラを構えているカットは、今回初めて披露された1枚だ。

予告編は、二宮監督が自ら編集を手がけたこだわりの映像だ。「その時、私は限界を迎えていた」というアキの語りから始まると、本編で使用されている音楽をバックに、アキの現実と妄想が交錯するスタイリッシュな映像が連続。二宮監督が築き上げた唯一無二の世界観が凝縮されている。また、ラストには「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」というアキの意味深なセリフが挿入されており、物語の行く末が気になる仕上がりとなっている。

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ」は、10月21日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)
SLUM-POLIS[DVD] SLUM-POLIS[DVD] 最安価格: ¥3,175 自主制作映画「眠れる美女の限界」でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015審査員特別賞を受賞するなど注目を集める新鋭監督・二宮健が、大阪芸術大学の卒業制作として手がけたSFアクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi