日本初!「散歩する侵略者」のキャッチコピーをAIが考えたらこうなった : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月31日 > 日本初!「散歩する侵略者」のキャッチコピーをAIが考えたらこうなった
メニュー

日本初!「散歩する侵略者」のキャッチコピーをAIが考えたらこうなった

2017年8月31日 08:00

作品のセリフをすべてインプットさせたという「散歩する侵略者」

作品のセリフをすべてインプットさせたという
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を黒沢清監督が映画化した「散歩する侵略者」のキャッチコピーを、博報堂が開発した「キャッチコピーAI」が発想した。キャッチコピーAIによる映画コピーの作成は日本初の試みとなる。

数日間の行方不明の後、夫が別人のようになって帰ってきたことから、不可思議な現象や一家惨殺事件が次々と発生し、世界が崩壊していくさまを描く。松田龍平長澤まさみが夫婦役を務め、高杉真宙恒松祐里前田敦子満島真之介児嶋一哉(アンジャッシュ)、光石研東出昌大小泉今日子笹野高史長谷川博己といった黒沢作品の常連俳優も含んだオールスターキャストが集結した。世界25カ国での公開が決定している。

博報堂が、アイデアの「発想支援」という目的で開発した「キャッチコピーAI」は、同社のコピーライターの知識・経験等を反映したオリジナルのアルゴリズムを搭載しているという。「散歩する侵略者」のキャッチコピーを考えさせる際には、映画のセリフをAIにすべてインプットさせたそうだ。

その結果生まれたキャッチコピーは、「侵略者でも愛したい。」。長澤演じる鳴海の心情を反映したものとなり、作品の大テーマに通じる内容に仕上がった。開発者の栗田氏は「私たちは今回のチャレンジを通じて、クリエイティブ領域におけるAI利活用の可能性を実感し、同時に人間とAIの『共創』を学ぶことができました。今後も、クリエイティブ領域におけるAI利活用の可能性を研究・開発していきたいと考えています」と手ごたえを語っている。

散歩する侵略者」は、9月9日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi