ジェームズ・ワン監督「死霊館」シリーズが世界興収10億ドル突破 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月30日 > ジェームズ・ワン監督「死霊館」シリーズが世界興収10億ドル突破
メニュー

ジェームズ・ワン監督「死霊館」シリーズが世界興収10億ドル突破

2017年8月30日 07:00

「アナベル 死霊人形の誕生」場面写真「死霊館」

「アナベル 死霊人形の誕生」場面写真
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アナベル 死霊人形の誕生」が世界興行収入1億ドルに到達したことを受け、「死霊館」シリーズの累計興収が10億ドルを突破したことを、米Deadlineが報じている。

実在の心霊研究家ウォーレン夫妻が遭遇する心霊現象を描いた「死霊館」シリーズは、ジェームズ・ワン監督が手がけた「死霊館」(2013)と「死霊館 エンフィールド事件」(16)が劇場公開されている。さらにワン監督は、「死霊館」に登場した呪われた人形、アナベルを主人公にしたスピンオフ「アナベル 死霊館の人形」(14)、その続編「アナベル 死霊人形の誕生」(17)をプロデュース。「スター・ウォーズ」やマーベル作品、DC作品のようなシネマティック・ユニバース(複数の映画作品が共有する物語世界)を構築しつつある。

ワーナー・ブラザースの社長兼チーフ・コンテント・オフィサーを務めるトビー・エメリッヒ氏は「ホラーというジャンルが長い年月をかけて進化するなかで、『死霊館』ユニバースの批評と商業性を兼ね備えた成功には実に目を見張るものがあります」と声明を発表。現在は、「死霊館 エンフィールド事件」に登場したキャラクターを主人公にしたスピンオフ「The Nun」の製作を進めているほか、「死霊館 3(仮題)」、「死霊館 エンフィールド事件」に登場した別のキャラクターを主人公にしたスピンオフ「The Crooked Man(原題)」の準備を進めているという。

(映画.com速報)
アナベル 死霊館の人形[Blu-ray/ブルーレイ] アナベル 死霊館の人形[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 『死霊館』に登場した恐怖の人形の誕生秘話を描く、戦慄のホラー作品。
死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 『ソウ』のジェームズ・ワン監督作、実話に基づき人間の耐え得る限界を超えた凶暴な恐怖を描く衝撃作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi