【全米映画ランキング】「ヒットマンズ・ボディガード」V2 「Birth of the Dragon」は9位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月29日 > 【全米映画ランキング】「ヒットマンズ・ボディガード」V2 「Birth of the Dragon」は9位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】「ヒットマンズ・ボディガード」V2 「Birth of the Dragon」は9位デビュー

2017年8月29日 15:30

2位は「アナベル 死霊人形の誕生」「ヒットマンズ・ボディガード」

2位は「アナベル 死霊人形の誕生」
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース]8月に入ってから深刻な夏枯れとなっている全米ボックスオフィス。ハリケーン・ハービーがテキサス州を直撃した影響もあり、トップ12本の総興収が2000年以降の8月では最低の数字となる約5070万ドルと不振を極めた先週末は、前週首位の「ヒットマンズ・ボディガード」が約1026万ドルの興収で首位を守り、V2を果たした。

先週末唯一の1000万ドル超え作品となった同作は、2週連続の首位ながら10日間の累計は約3982万ドルと低水準。最終興収は6000万ドル程度になる見込み。2位は前週と同じく「アナベル 死霊人形の誕生」。3週目は興収約768万ドルと失速し、累計は約7800万ドルに。

OP興収約470万ドルで3位初登場となったのは、日本では8月12日より公開されている仏加合作アニメ「フェリシーと夢のトウシューズ」(英題は「Leap! 」)。声の出演にエル・ファニングデイン・デハーンに歌手カーリー・レイ・ジェプセンなど人気スターを揃えたが、レビュー、興行ともにパッとせず。

また、8位にはブルース・リーが映画スターとして有名になる前の青年時代を描いた伝記ドラマ「Birth of the Dragon」が初登場。1618サイトでの上映ながらOP興収約270万ドルとまったく振るわず、厳しい出だしとなった。主演は「ゴッド・ギャンブラー レジェンド」「ネイキッド・ソルジャー 亜州大捜査線」など香港で活躍してきたフィリップ・ン。監督は「ボーン・アルティメイタム」の脚本や マット・デイモンエミリー・ブラント主演のスリラー「アジャストメント」などで知られるジョージ・ノルフィ

その他、先週末最大のスポーツイベントだった5階級制覇のボクシング元王者と総合格闘技の2階級王者によるボクシングルールでの異種格闘技戦「メイウェザーVS.マクレガー」が532サイトでライブビューイング中継され、興行日の26日土曜日だけで約260万ドルの興収をあげ、9位にランクインした。

今週末は、アリシア・ビカンダー主演の歴史ドラマ「Tulip Fever」に、公開40周年の「未知との遭遇」特別版(スティーブン・スピルバーグ監督)などが公開となる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi