「健さん」監督・日比遊一の初劇映画「ブルー・バタフライ」12月2日公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月28日 > 「健さん」監督・日比遊一の初劇映画「ブルー・バタフライ」12月2日公開決定
メニュー

「健さん」監督・日比遊一の初劇映画「ブルー・バタフライ」12月2日公開決定

2017年8月28日 10:00

樹木希林が日比監督の 才能を高く評価している「健さん」

樹木希林が日比監督の
才能を高く評価している
(C)ZZYZX STUDIO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2014年に他界した名優・高倉健さんを題材にしたドキュメンタリー「健さん」を手がけた日比遊一監督による初の劇映画「ブルー・バタフライ」が、12月2日に公開されることが決定。あわせて、樹木希林の「この映画には、次の作品を観たいと思わせる何かがある」という絶賛評が添えられたポスタービジュアルもお披露目された。

健さん」では、第40回モントリオール世界映画祭ワールド・ドキュメンタリー部門の最優秀作品賞、第26回日本映画批評家大賞ドキュメンタリー賞に輝いた日比監督。米サンタ・バーバラ美術館に作品が所蔵された写真家としての一面もあり、その才能は故デニス・ホッパーさんや、写真界の巨匠ロバート・フランクに認められたほどだ。今回フィクション初挑戦の舞台に選んだのは、1987年以降、活動の拠点にしてきたアメリカ。実話から着想を得た悲痛な物語を丹念に描き出している。

義父から性的暴行を受けて育ったメキシコ系の女性・ヤズは、本来の柔和な性格が一変し、心優しい義兄・マニーを利用しながら酒やドラッグに身を任せる荒んだ生活を送っていた。マニーはヤズを守るために犯した罪で仮釈放の身だが、ある“特別な想い”を隠しながら、困った時に頼ってくる義妹をなんとか支えようと必死だ。やがて息子を亡くした保護観察官ブレナーがマニーを立ち直らせようとするが、ヤズの荒れ狂った行動はさらにエスカレートしていく。

社会の底辺でもがき苦しみ、ささやかな幸福の思い出と未来を“青い蝶”に託して生きる主人公ヤズを演じたのは、Huluの人気シリーズ「East Los High」の出演で知られるトレイシー・ペレス。また、デビッド・フィンチャー監督や「ブラックリスト」のクリエイターであるジョン・ボーケンキャンプから厚い信頼を寄せられる谷田ヤスが撮影を務め、吉田大八監督作「美しい星」に参加した渡邊琢磨が音楽を担当している。

ブルー・バタフライ」は、12月2日から東京・新宿K's cinemaほか全国順次公開。

(映画.com速報)
美しい星 Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 美しい星 Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,458 三島由紀夫の異色SF小説を、「桐島、部活やめるってよ」「紙の月」の吉田大八監督が映画化。平凡な家族が突如として「宇宙人」に覚醒する姿を、舞台を現代に置き換えた大胆な脚色で描く。
健さん[DVD] 健さん[DVD] 最安価格: ¥3,082 2014年に他界した名優・高倉健を題材にしたドキュメンタリー。外国映画へも積極的に出演した故人の俳優としての在り方に焦点を当て、プライベートのエピソードなども交えながら、新たな高倉健像を描き出す。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi