岩田剛典が涙する「去年の冬、きみと別れ」超特報が完成!公開は18年3月 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月28日 > 岩田剛典が涙する「去年の冬、きみと別れ」超特報が完成!公開は18年3月
メニュー

岩田剛典が涙する「去年の冬、きみと別れ」超特報が完成!公開は18年3月

2017年8月28日 07:00

2018年3月から公開「去年の冬、きみと別れ」

2018年3月から公開
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典の主演で、芥川賞作家・中村文則氏の小説を実写映画化する「去年の冬、きみと別れ」が2018年3月に公開されることが決まり、超特報映像が披露された。

「土の中の子供」「掏摸(スリ)」「悪と仮面のルール」などで知られる中村氏の、“キャリア最高傑作”と称される同名小説を、「犯人に告ぐ」の瀧本智行監督のメガホン、「無限の住人」の大石哲也の脚本で映画化。婚約者・百合子(山本美月)との結婚を間近に控えた新進気鋭のルポライター・耶雲恭介(岩田)は、不可解な焼死事件と、容疑者の天才写真家・木原坂雄大(斎藤工)について調べ始める。しかし真相を追ううちに、いつしか抜け出すことのできない深みに飲み込まれていく。

超特報映像は、岩田扮する耶雲が優しくほほ笑む場面から幕が上がる。その直後、映像が切り替わり、耶雲の様子が一変。眼光は鋭く、表情は暗い。雨の中、ずぶ濡れで立ちすくむ姿、顔を強張らせ涙を流す場面などが映し出され、岩田の熱演を垣間見ることができる。

8月17日にクランクアップを迎えた本作。映画単独初主演で、本格サスペンスに挑んだ岩田は「撮影中は作品の持つパワーやエナジーをずっと背負っている感じだったので、クランクアップした瞬間に解放されて重荷が取れた感覚でした」と撮影時のプレッシャーを明かす。そのうえで、「撮影に集中できる環境を作っていただけたので、最終日まで集中を切らさずに臨むことができました。今回こうして体当たりで演じられたのは、自分のキャリアにとってとても大きな経験になりました」と達成感をにじませている。

去年の冬、きみと別れ」は、18年3月から全国公開。

(映画.com速報)
犯人に告ぐ[DVD] 犯人に告ぐ[DVD] 最安価格: ¥3,201 雫井脩介のベストセラー小説を豊川悦司主演で映画化!
無限の住人[Blu-ray/ブルーレイ] 無限の住人[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,987 木村拓哉と三池崇史監督がタッグを組み、沙村広明原作の人気時代劇コミックを実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi