西田敏行「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で気づいた役者としての信条 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月25日 > 西田敏行「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で気づいた役者としての信条
メニュー

西田敏行「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で気づいた役者としての信条

2017年8月25日 17:00

キーキャラクターの雑貨店店主を演じる「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

キーキャラクターの雑貨店店主を演じる
(C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東野圭吾氏のベストセラー小説を映画化した「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で「Hey! Say! JUMP」の山田涼介とダブル主演し、キーキャラクターとなる雑貨店の店主・浪矢雄治を演じた西田敏行が、自身の演技論を語った。

全世界の累計発行部数が650万部を突破し、「東野作品史上最も泣ける感動作」と評価される同名小説を「娚(おとこ)の一生」「PとJK」の廣木隆一監督が映像化。かつて悩み相談を請け負っていたが、今は廃業した「ナミヤ雑貨店」に忍びこんだ敦也(山田)、翔太(村上虹郎)、幸平(寛一郎)の3人の前に、32年前に書かれた悩み相談の手紙が投かんされる。3人は戸惑いながらも、当時の店主・浪矢に代わって返事を書こうとする。成海璃子門脇麦林遣都萩原聖人尾野真千子ら豪華出演陣が顔をそろえた。

釣りバカ日誌」シリーズを筆頭に、人情味あふれる演技で知られる西田は「たとえフィクションであっても、日常を活写する部分においては、なるべく日常に近い音、言葉を選択したいと思っているんです」と自身の信条を明かす。「だからどうしても余計な言葉を付け加えてしまうんです(笑)。でもそれが僕のリアリティなんです」と笑いをまじえながらも、表現者としての自負をのぞかせる。「僕が芝居をしていていつも思うことは、自然な動きや言葉っていうのは、意外に多弁だということ。“えっと”“それでさ”みたいな接続語が、実際の会話には結構な量あるんです」と観客の共感を誘うための努力について語る。

本作においては、子どもたちの他愛のないものから大人たちの切実なものまで、多様な悩みに真摯(しんし)に向き合う愛情あふれるキャラクターを演じているが、とあるシーンではどのように表現するのが正解か、苦しんだという。「ラスト近くの手紙を読むシーンは僕なりに1番悩みました。でも悩み過ぎてはダメだという結論に至ったんです。ただピュアに、声がかすれてもいいから、自分の思っていることを素直に言おうと挑みました。どこかで妙な計算が入っちゃうと、自然な言葉はあっという間に死んじゃいますからね」とやはり、自身が大切にする“日常感”をキーワードに役と向かい合っていったようだ。

ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、9月23日から全国公開。

(映画.com速報)
娚の一生 ブルーレイ豪華盤[Blu-ray/ブルーレイ] 娚の一生 ブルーレイ豪華盤[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,618 西炯子の人気コミック・大人の女性のバイブル『娚の一生』が実写映画化。
PとJK[Blu-ray/ブルーレイ] PとJK[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,738 警察官と女子高生の年の差結婚という設定の少女コミックを実写化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi