国民的美少女GP・井本彩花、「ガラスの仮面展」で緊張の初仕事「何を言っていいか…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月23日 > 国民的美少女GP・井本彩花、「ガラスの仮面展」で緊張の初仕事「何を言っていいか…」
メニュー

国民的美少女GP・井本彩花、「ガラスの仮面展」で緊張の初仕事「何を言っていいか…」

2017年8月23日 12:30

原作者の美内すずえさんの説明を受けた 井本彩花と吉本実憂

原作者の美内すずえさんの説明を受けた
井本彩花と吉本実憂
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今月8日に開催された「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いた井本彩花が8月23日、東京・松屋銀座で開幕した「連載40周年記念 ガラスの仮面展」のオープニングイベントに、先輩の吉本実憂とともにゲスト出演した。

井本は受賞後の初仕事となり、「すごく緊張していて、何を言ったらいいか分からない」とういういしい笑顔。コンテスト終了後に地元の京都に戻った際も、「友達が来て、おめでとうと言ってくれました。でも、帰ったらいつも通りの生活で、グランプリを獲った実感が沸かない」と素直な気持ちを吐露した。

それでも、イベント出演が決まってから原作を読み始め、「漫画は読まないし、興味もなかったけれど、マヤみたいになりたいと思いました」と、主人公の北島マヤが女優として奮闘する姿に共感。原画など約400点が展示された会場を、原作者の美内すずえさんの説明を受けながら見て回り「原作の中にいるような感覚になって、とても良かった」とうれしそうに話した。

12年のグランプリ受賞者である吉本に対しては、「とても優しくてきれい。あこがれます」とせん望のまな差し。吉本はアイドルグループ「X21」のリーダーを務めており、「歌もうまくてうらやましい。私は音痴すぎて、歌手デビューはちょっと……」と苦笑いを浮かべた。

その吉本は、「あまり言われたことがないので、恥ずかしい」と照れることしきり。自身は「X21」を9月に卒業することが決まっており、「20歳になったし、タイミング的にはいいと思う。常に変化をし続け、実力も精神的にもレベルアップしいける表現者でいたい」と意欲を新たにしていた。

「連載40周年記念 ガラスの仮面展」は、9月4日まで同所で開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi