斎藤工の監督作「blank13」ウラジオストク国際映画祭出品決定!新ポスターも公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月21日 > 斎藤工の監督作「blank13」ウラジオストク国際映画祭出品決定!新ポスターも公開
メニュー

斎藤工の監督作「blank13」ウラジオストク国際映画祭出品決定!新ポスターも公開

2017年8月21日 18:00

父と息子の距離感が印象的な新ポスター「blank13」

父と息子の距離感が印象的な新ポスター
(C)2017「blank13」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 斎藤工が“齊藤工”名義で手がけた長編初監督作品「blank13」が、9月9日(現地時間)からロシアで開催されるウラジオストク国際映画祭のコンペティション部門に、日本の作品として唯一正式出品されることが決定し、主演を務める高橋一生と共演のリリー・フランキーの姿をとらえた新ポスタービジュアルがお披露目された。

本作は、放送作家・はしもとこうじの実話を基にした家族の物語。13年間行方不明だった父親と心の溝を埋められずにいた家族が、父の死後、葬儀の参列者が語る思い出話を通して“13年間の真実”を知る。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017では、観客賞にあたる「ゆうばりファンタランド大賞」に選ばれ、第20回上海国際映画祭のアジア新人賞部門では、最優秀監督賞を受賞している。

ウラジオストク国際映画祭は2003年にスタートし、今年で15回目を迎える国際映画祭。本作が出品される長編コンペティション部門には、アメリカ、フランスを含む10作品がノミネートされている。過去にはヤン・イクチュンの初長編監督作品「息もできない」、河瀬直美監督がメガホンをとった「2つ目の窓」といった話題作が最高賞であるグランプリに輝いている。


チラシの裏面には松岡茉優らの姿「blank13」

チラシの裏面には松岡茉優らの姿
[拡大画像]

お披露目された新ポスタービジュアルは、高橋演じる主人公・松田コウジと、リリー扮する余命3カ月の父親が屋上で立ちつくしている光景をとらえたもの。2人の微妙な距離感からも、離れ離れになっていた13年間という“ブランク”が感じられる仕上がりだ。また、あわせて公開されたチラシビジュアルの裏面には、コウジの兄役として出演する斎藤のほか、共演の松岡茉優神野三鈴佐藤二朗が写る劇中カットが使用されている。

blank13」は、18年2月3日から東京・シネマート新宿で限定公開。

(映画.com速報)
息もできない[DVD] 息もできない[DVD] 最安価格: ¥3,201 製作・監督・脚本・編集・主演の5役をこなしたヤン・イクチュンの初の長編監督作品。
2つ目の窓 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 2つ目の窓 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,395 「殯の森」の河瀬直美監督が、太古から神と人間が共存してきた地・奄美大島の壮大な自然を背景に、16歳の少年少女の恋と成長を通して人間の愛や無常を描いたヒューマンドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi