「デジモン」伝説の主題歌「Butter-Fly」だけを集めたCDが発売決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月20日 > 「デジモン」伝説の主題歌「Butter-Fly」だけを集めたCDが発売決定
メニュー

「デジモン」伝説の主題歌「Butter-Fly」だけを集めたCDが発売決定

2017年8月20日 23:45

さまざまなバージョンの「Butter-Fly」を収録「デジモンアドベンチャー」

さまざまなバージョンの「Butter-Fly」を収録
(C)本郷あきよし・東映アニメーション
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フジテレビほかで1999年に放送されたテレビアニメ「デジモンアドベンチャー」のオープニング主題歌で、アニソン歌手として活躍した故和田光司さんの代名詞ともいうべき楽曲「Butter-Fly」のさまざまなバージョンを集めたメモリアルアルバム「Butter-Fly Music Library」のリリースが決定した。

同CDには、和田さんが歌う原曲や「Strong Version」「tri.Version」などに加え、シリーズ最新作「デジモンアドベンチャー tri.」で使用されている「日常」「孤独」「刹那」「旅立ち」といった劇伴バージョンをCD初収録。さらに、描き下ろしイラストを全面プリントした、フルグラフィックTシャツ「KOJI WADA DIGIMON MEMORIAL BEST」も付属する。Tシャツの絵柄は、原作ゲームのオリジナルデザイナーの1人である渡辺けんじと、「デジモンアドベンチャー tri.」のキャラクターデザインを務める宇木敦哉が、それぞれに主人公・八神太一とパートナーデジモンのアグモンを描いた2種が用意されており、どちらかを選べる。

価格は各7315円(税抜き)で、7月30日にオリンパスホール八王子で開催されるイベント「DIGIMON ADVENTURE FES. 2017」内で販売予定。東映アニメーションオンラインショップでは、7月24日まで先行通販の予約を受け付けており、イベント終了後の7月31日以降の発送を予定している。また、ドリーミュージックパブリッシングのFEEL MEE MARKETでも、8月中旬から販売が行われる。なお、東映アニメーションオンラインショップでの先行通販では、付属するTシャツがMサイズのみとなっている。

デジモンアドベンチャー」シリーズは、太一ら「選ばれし子どもたち」とパートナーデジモンをはじめとしたデジタルモンスターによるひと夏の冒険譚。2015年からは、シリーズ15周年を記念し、全6章で「デジモンアドベンチャー tri.」の公開がスタートしており、テレビシリーズ第2作「デジモンアドベンチャー02」から3年後を舞台に、高校生になった太一たちの新たな活躍を描いている。第5章「共生」は9月30日から劇場上映。

(映画.com速報)
デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」[Blu-ray/ブルーレイ] デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,361 1999年の3月にTV放送が開始されたTVアニメシリーズ「デジモンアドベンチャー」。主人公は「デジタルワールド」という異世界に突如放り出された「選ばれし子どもたち」。今回の新シリーズでは、その「選ばれし子どもたち」の冒険から6年後、小学生から高校生へと大きく育った主人公達のさらなる心の成長と冒険の物語を描く!
デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」[Blu-ray/ブルーレイ] デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,071 1999年の3月にTV放送が開始されたTVアニメシリーズ「デジモンアドベンチャー」。主人公は「デジタルワールド」という異世界に突如放り出された「選ばれし子どもたち」。今回の新シリーズでは、その「選ばれし子どもたち」の冒険から6年後、小学生から高校生へと大きく育った主人公達のさらなる心の成長と冒険の物語を描く!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi