モールアートのコマ撮りアニメ「aiseki MOGOL GIRL」今秋放送 「gdgd妖精s」のスタジオ新作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月20日 > モールアートのコマ撮りアニメ「aiseki MOGOL GIRL」今秋放送 「gdgd妖精s」のスタジオ新作
メニュー

モールアートのコマ撮りアニメ「aiseki MOGOL GIRL」今秋放送 「gdgd妖精s」のスタジオ新作

2017年8月20日 21:00

今秋放送のコマ撮りアニメ 「aiseki MOGOL GIRL」

今秋放送のコマ撮りアニメ
「aiseki MOGOL GIRL」
(C)2017 MOGOL CAFE STAFF
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 出演者によるテーマトークを作中のストーリー展開に盛り込み、妖精たちが繰り広げる騒動をフルCGで描いた短編アニメシリーズ「gdgd妖精s(ぐだぐだふぇありぃず)」を手がけたストロベリー・ミーツピクチュアズの最新作テレビシリーズ「aiseki MOGOL GIRL」が、今秋に放送されることがわかった。

同作は、モール(装飾された針金)を使った“モールアート”で作られた、温かみのあるキャラクターが登場するコマ撮りアニメ。相席喫茶の常連で、歯に衣を着せない物言いをする30歳を超えたOLのフユミと、フユミの後輩で、しばしば舌鋒鋭く毒を吐くハルコたちが、シュールなトークを繰り広げる。監督、シリーズ構成、脚本は「Peeping Life」の森りょういちが一手に担う。

8月5日の「仙台アニメフェス」で開催されたステージイベントでは、主人公・フユミ役の加藤諒と、ハルコ役の原奈津子が登壇し、同作の制作決定を発表するとともに、すでに始まっているという音声収録の手応えを語った。加藤は「プレスコという手法で、先にセリフの収録が始まりました。とてもライブ感があります。コマ撮りアニメということもあり、とても手のかかった作品。初のアニメシリーズ主演ですので、とにかく頑張っています!」と制作の舞台裏を明かし、原は「とにかくキャラクターがかわいらしくて、チョコチョコ動くのを見ていると感激します。加藤諒さんとのOL先輩・後輩設定やシナリオ、セリフのトーンなどがシュールで、今後の展開がとても楽しみです!」と期待を語っている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi