ゆりやん“生まれ変わって”レトリーバーに? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月17日 > ゆりやん“生まれ変わって”レトリーバーに?
メニュー

ゆりやん“生まれ変わって”レトリーバーに?

2017年8月17日 16:30

AmazonプライムのCMで一躍有名になったゼウス「僕のワンダフル・ライフ」

AmazonプライムのCMで一躍有名になったゼウス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] AmazonプライムビデオのCMで話題となったゴールデンレトリーバーのゼウスが、「HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督作「僕のワンダフル・ライフ」の“ワンバサダー”に就任。8月17日に都内で行われた就任式に参加し、お笑いタレントのゆりやんレトリィバァも駆けつけた。

小説家W・ブルース・キャメロン氏が、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」が原作。愛する飼い主に再会するために3度転生を繰り返すゴールデンレトリーバーのベイリーの旅路が情感たっぷりに描かれる。K・J・アパデニス・クエイドブリット・ロバートソンペギー・リプトンらが出演する。

ゼウスに続き、ゴールデンレトリーバーの着ぐるみに身を包んで登場したゆりやんは「これが本来の姿です」と断言。ゼウスの“通訳”を買って出ると「『犬を飼っている人も、飼っていない人も、飼いたいなと思っている人もそうでない人にも全員見ていただきたい。涙なしには見られない』とおっしゃっています。心も洗われますし、私は昨日体も洗われました」と語り、報道陣を笑いに包んだ。

ユニバーサル・ピクチャーズからゼウスに贈られた宣伝大使任命書を読み上げる際も、ゆりやんは「コユビノツメダケノバシテルヒトアホチャウカ」と英語に小ネタを混ぜ、さらにゼウスの気持ちを代弁してか泣きまねで「…サプライズ」と語り、きょとんとした顔のゼウスとのギャップに、さらなる笑い声が上がった。

イベントでは、ゆりやんとゼウスが、ボールキャッチ対決を行うひとコマも。ゼウスの反射神経になすすべなく負けてしまったゆりやんは、再戦を願い出るもまたも敗北。勝利の雄たけびか、興奮してほえるゼウスに「落ち着いていきやー」と連呼し、会場はカオス状態になっていた。

僕のワンダフル・ライフ」は9月29日から全国公開。

(映画.com速報)
HACHI 約束の犬[Blu-ray/ブルーレイ] HACHI 約束の犬[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,840 1987年に日本で公開された感動の実話「ハチ公物語」がハリウッドで映画化。大学教授のパーカーと、秋田犬のハチの深い愛情と強い絆を描くドラマ。
マイライフ・アズ・ア・ドッグ[Blu-ray/ブルーレイ] マイライフ・アズ・ア・ドッグ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,545 「サイダー・ハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム監督の出世作。病に倒れた母親の元を離れ、ガラス工場のある小さな町へと向かった少年が、のどかな田舎の生活を通して成長していく姿を描いたドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi