トム・ホランド&デイジー・リドリー主演SFスリラーにニック・ジョナス : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月16日 > トム・ホランド&デイジー・リドリー主演SFスリラーにニック・ジョナス
メニュー

トム・ホランド&デイジー・リドリー主演SFスリラーにニック・ジョナス

2017年8月16日 11:00

ニック・ジョナス「スパイダーマン ホームカミング」

ニック・ジョナス
Photo by Stefanie Keenan/
Getty Images for Christian Dior
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スパイダーマン ホームカミング」のトム・ホランド、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のデイジー・リドリーが主演する新作SFスリラー「カオス・ウォーキング(Chaos Walking)」に、ニック・ジョナスが出演することがわかった。ジョナスはボーイズグループ「ジョナス・ブラザーズ」で人気を得た元アイドルで、近年は俳優業に力を入れている。

ダグ・リーマン監督がメガホンをとる新作「カオス・ウォーキング」は、作家パトリック・ネスのヤングアダルト小説「混沌(カオス)の叫び」を映画化する企画。3部構成の原作は、思考が音となり互いの考えが筒抜けになる“ノイズ”と呼ばれる感染症が広まった世界で、男しかいない町に暮らしていた少年トッドが、ノイズをもたない少女ヴァイオラと出会い、人間や先住民のエイリアンたちの虐殺・戦争が起こるなか、争いを鎮めようとする姿が描かれる。

映画はホランドがトッド役、リドリーがヴァイオラ役で主演。悪役として、マッツ・ミケルセンがトッドの町の冷酷な町長役を演じる。米ハリウッド・レポーターによれば、ジョナスはミケルセン演じる町長の息子で兵士のデービー役を演じるようだ。

マルコヴィッチの穴」「エターナル・サンシャイン」のオスカー脚本家チャーリー・カウフマンと原作者のネス、ほかにリンジー・ビア、ゲイリー・スピネッリジョン・リー・ハンコックらが脚色。原作の映画化権を獲得しているライオンズゲートはシリーズ化を視野に入れている。「カオス・ウォーキング」は2019年3月1日全米公開の予定。

ジョナスは、ドウェイン・ジョンソン主演のリブート版「ジュマンジ」に出演しており、こちらは12月20日に全米公開される。

(映画.com速報)
マルコヴィッチの穴[Blu-ray/ブルーレイ] マルコヴィッチの穴[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 あるビルの7と1/2階にある不思議な穴、それは誰でも15分間、俳優ジョン・マルコヴィッチになれる穴だった…。全世界で大きな話題を呼んだ傑作コメディ!
エターナル・サンシャイン[Blu-ray/ブルーレイ] エターナル・サンシャイン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 不思議な手紙により、恋人が自分との記憶を消したことを知った男は、自らも彼女との記憶を消そうと奔走するが―。ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット共演のスパイラル・ラブストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi