芸術の巨塔の最新の舞台裏に迫る、パリ・オペラ座公認ドキュメンタリー予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月16日 > 芸術の巨塔の最新の舞台裏に迫る、パリ・オペラ座公認ドキュメンタリー予告編
メニュー

芸術の巨塔の最新の舞台裏に迫る、パリ・オペラ座公認ドキュメンタリー予告編

2017年8月16日 17:00

「新世紀、パリ・オペラ座」ポスター「新世紀、パリ・オペラ座」

「新世紀、パリ・オペラ座」ポスター
(C)2017 LFP-Les Films Pelleas -Bande
a part Films -France 2 Cinema -Opera
national de Paris -Orange Studio -RTS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスでは公開1カ月足らずで観客動員11万人を突破し、今までのパリ・オペラ座を描いたドキュメンタリー映画の記録を更新、史上最高の動員記録を打ち立てた「新世紀、パリ・オペラ座」の公開が12月9日に決まった。併せてポスタービジュアルと予告編がお披露目された。

350年以上もの歴史の中で伝統と格式を重んじながらも、常に新しいパフォーマンスを模索し続ける総合芸術の殿堂パリ・オペラ座。オペラ座を描いた名作は数多く存在するが、本作では、華々しい世界の最新の裏側をジャン=ステファヌ・ブロン監督が丁寧に映し出した。

バレエ団芸術監督がミルピエから、エトワールとして長年活躍したオレリー・デュポンに移るオペラ座新時代の波乱の幕開けから始まり、オペラ座史上最大規模の新作オペラ「モーゼとアロン」の1年間にわたるリハーサルや、公演初日直前の主要キャストの突然の降板劇、それに加え職員のストライキ。次々に待ち受ける難題に、オペラ座を索引してきた総裁ステファン・リスナーは苦悩し奔走する。そんな中、ロシアの田舎町から出てきた純朴な青年がパリ・オペラ座のオーディションに現れ、新たなるスターとなるべく光のあたる舞台へと突き進み、オペラ座の新世紀の幕開けを予感させる。世界一の才能が集まり生み出される圧巻のパフォーマンスを紹介する。

予告編では、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、バルトークの「弦楽四重奏」、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」、そしてベルリオーズの「ファウストの劫罰」など、本編を彩る豪華な楽曲の一部が流れ、苦悩する総裁ステファン・リスナーやバンジャマン・ミルピエとオレリー・デュポンの姿も。そのほか、2017年秋、バイエルン国立歌劇場の日本公演で「タンホイザー」を演出するロメオ・カステルッチ、2017年冬にウィーン交響楽団と共に来日公演を予定しているオペラ座音楽監督でもあるフィリップ・ジョルダン、ロシアの歌姫オルガ・ペレチャッコ=マリオッティ、その歌声で大英帝国勲章を受勲したバリトン歌手ブリン・ターフェルらも映し出され、クラシックファン必見の映像となっている。

新世紀、パリ・オペラ座」は、12月9日からBunkamuraル・シネマほか全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi