E・ワトソン×T・ハンクス共演SNSスリラー「ザ・サークル」11月公開&予告披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月16日 > E・ワトソン×T・ハンクス共演SNSスリラー「ザ・サークル」11月公開&予告披露
メニュー

E・ワトソン×T・ハンクス共演SNSスリラー「ザ・サークル」11月公開&予告披露

2017年8月16日 12:00

SNSがプライバシーを破壊する…「サークル」

SNSがプライバシーを破壊する…
(C)2017 IN Splitter, L.P.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エマ・ワトソン主演、トム・ハンクス共演のSNSを題材にしたサスペンス・スリラー映画「ザ・サークル」が11月10日に全国公開されることが決定し、あわせてショート予告編が披露された。映像は、24時間カメラの前にさらされることになったヒロインの姿や、人々をつなぐSNSがプライバシーを破壊する脅威へと一変するさまが、見る者の好奇心と恐怖を掻き立てる仕上がりだ。

デイブ・エガーズ氏の同名小説が原作。ユーザーの個人情報を一括管理するOSで世界No.1シェアに上りつめた超巨大SNS企業「サークル」に採用されたメイ(ワトソン)は、ある事件をきっかけに同社のカリスマ経営者ベイリー(ハンクス)の目にとまり、超小型カメラによる新サービス「シーチェンジ」のモデルケースに抜てきされる。自らのリアルライフをカメラを通じて世界に公開したメイは、瞬く間に1000万人超のフォロワーを獲得しアイドル的人気を博していく。しかしそれは、同時にユートピアの“終わりの始まり”を意味していた。

自身もSNSで強い発信力を持つワトソンが、世界中に24時間監視される興味深い役どころに。ハンクスが裏の顔が見え隠れするカリスマ経営者に扮したほか、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のフィン役で知られるジョン・ボヤーガ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のカレン・ギラン、「6才のボクが、大人になるまで。」のエラー・コルトレーンら豪華な面々が結集した。

さらに「エイリアン2」「タイタニック(1997)」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」などのビル・パクストンさんも、メイの父親役で出演。2017年2月に死去したパクストンさんにとって、今作が遺作となった。

また脚本は、原作者のエガーズ氏自らと、監督のジェームズ・ポンソルトが共同執筆。そのほか音楽は「アリス・イン・ワンダーランド」のダニー・エルフマン、撮影は「ブラック・スワン」「ルビー・スパークス」のマシュー・リバティーク、美術は「グランド・ブダペスト・ホテル」のジェラルド・サリバン、編集は「アベンジャーズ」のリサ・ラセック、衣装は「ブルックリンの恋人たち」のエマ・ポッターが手がけており、充実の陣容で映画を支えている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi