若者の性を綴ったATGの伝説的映画「初恋・地獄篇」 羽仁進監督が当時を回想 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月15日 > 若者の性を綴ったATGの伝説的映画「初恋・地獄篇」 羽仁進監督が当時を回想
メニュー

若者の性を綴ったATGの伝説的映画「初恋・地獄篇」 羽仁進監督が当時を回想

2017年8月15日 18:00

ポスターデザインを宇野亜喜良氏が担当「初恋・地獄篇」

ポスターデザインを宇野亜喜良氏が担当
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1960~80年代に非商業的な芸術的映画を製作・配給した映画会社ATG(日本アート・シアター・ギルド)で、1968年に羽仁進監督が発表した「初恋・地獄篇」が、デジタルニューマスター版で初ブルーレイ化される。7月に東京・シネマヴェーラ渋谷で行われた特集上映で、羽仁監督が作品を語った。

初恋・地獄篇」は、大都会に生きる若者の性体験を題材に、ドキュメンタリータッチで撮影した異色の青春映画。幼児愛、同性愛、SMなど性的倒錯を扱い、センセーショナルな作品として話題を呼んだ。演技経験の無い10代の男女を主演に抜てきし、美術を金子国義氏、ポスターデザインを宇野亜喜良氏が担当した。

羽仁監督は、「少年少女も子供と同じように、心の中ではいろんなものを思っている。一方で大人は、心の中に持っているものを忘れがちで、世の中の決まっていることが気になるもの。貧しい少年少女はそういうことを知らないけれど、それでも夢を持っている。それを表したかった」と本作の主題について説明する。

また、共同脚本とクレジットされている寺山修司が撮影現場を訪れた際のエピソードを披露し、「寺山さんは人を褒める天才なんです。初日の撮影をみた時にこんなすごいところで始まるとは思わなかった。羽仁さん、これはすごい、これはすごい映画になる」って言ってくださって、すっかり得意にしてくれた。精神的に僕を支えてくれた」と当時を振り返った。

教護院で育ったシュンは、7歳で彫金師の家にひき取られ、手伝いをしながら成長した。孤独なシュンは、ヌードモデルの少女ナナミと知り合う。安ホテルに入ったが、初めての経験でシュンは当惑し、2人はそのままホテルを出る。シュンはある日、公園で幼い少女に出会うが、物蔭で2人を見ていた男に変態扱いされ、精神病院へ送られる。その後、シュンはナナミのいるヌードスタジオを訪ねるが、ナナミにはもう一つの生活があることを知る。

初恋・地獄篇」ブルーレイは各5800円(税抜き)、DVDは各3800円(税抜き)で8月16日発売。

(映画.com速報)
初恋・地獄篇≪HDニューマスター版≫[Blu-ray/ブルーレイ] 初恋・地獄篇≪HDニューマスター版≫[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,845 都会の片隅で生きる若者をドキュメンタリータッチで描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi