闇、光、轟音…炭鉱内の地下世界 タル・ベーラが認めた小田香監督「鉱」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月3日 > 闇、光、轟音…炭鉱内の地下世界 タル・ベーラが認めた小田香監督「鉱」公開
メニュー

闇、光、轟音…炭鉱内の地下世界 タル・ベーラが認めた小田香監督「鉱」公開

2017年8月3日 15:00

「鉱 ARAGANE」の一場面「鉱 ARAGANE」

「鉱 ARAGANE」の一場面
(C)film.factory/FieldRAIN
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ハンガリーの名匠タル・ベーラが監修し、山形国際ドキュメンタリー映画祭2015アジア千波万波部門特別賞を受賞した小田香監督の長編デビュー作「鉱 ARAGANE」の劇場公開が10月に決定した。

小田監督は、「ニーチェの馬」を最後に引退したタル・ベーラが後進の育成のために設立した映画学校「film.factory」で3年間学んだ。作品の舞台はボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ近郊に位置する100年の歴史あるブレザ炭鉱。地下300メートルの知られざる世界に小田監督が単身カメラを持ち潜入し、暗闇に蠢く人々、反射する光、響く轟音を生々しく捉えた。

「あなたも見るべき強烈な作品。私は好きだ」(ガス・バン・サント)、「暗闇の交響曲であり、塵と深度の感覚的な世界への旅だ」(アピチャッポン・ウィーラセタクン)と世界の映像作家たちも小田監督の視点と、透徹したカメラワークを絶賛している。

鉱 ARAGANE」は、8月24日に山口芸術情報センターで開催される「YACAM爆音映画祭2017」でプレミア上映ののち、10月下旬から新宿K’s cinemaで公開。

(映画.com速報)
ニーチェの馬[DVD] ニーチェの馬[DVD] 最安価格: ¥4,044 どこかの田舎、石造りの家と命をつなぐ古井戸。そして疲れ果てた馬と、農夫と、その娘。暴風が吹き荒れる6日間の物語。哲学者ニーチェの逸話を基に“人間の尊厳”を追求する深遠な黙示録が、いま幕を開ける―。鬼才タル・ベーラ作品。第61回(2011年)ベルリン国際映画祭 銀熊賞 審査員グランプリと国際批評家連盟賞をW受賞。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニーチェの馬[DVD] ニーチェの馬[DVD]最安値: ¥4,010 光りの墓/世紀の光 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 光りの墓/世紀の光 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥6,516 光りの墓[DVD] 光りの墓[DVD]最安値: ¥3,175
世紀の光[DVD] 世紀の光[DVD]最安値: ¥3,175
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi