ジョナ・ヒル初監督作、M・ウィリアムズ代役にキャサリン・ウォーターストン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月29日 > ジョナ・ヒル初監督作、M・ウィリアムズ代役にキャサリン・ウォーターストン
メニュー

ジョナ・ヒル初監督作、M・ウィリアムズ代役にキャサリン・ウォーターストン

2017年7月29日 13:00

キャサリン・ウォーターストン「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

キャサリン・ウォーターストン
Photo by Steve Granitz/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「21ジャンプストリート」の俳優ジョナ・ヒルが初メガホンをとる新作「Mid-90s(原題)」から、女優ミシェル・ウィリアムズが降板したことが明らかになった。英Empireによれば、すでに撮影は進行中で、ウィリアムズの代役を「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の女優キャサリン・ウォーターストンが務める。

ヒルが脚本を執筆した本作は、1990年代の米ロサンゼルスを舞台に、少年スティービーがスケートボード仲間たちとハメを外しながら、大人へと成長していく姿を描く青春ストーリー。スコット・ルーディンイーライ・ブッシュがプロデュースを手がける。

主人公スティービーを演じるのは、ニコール・キッドマン主演「The Killing of a Sacred Deer(原題)」での演技が今年のカンヌ国際映画祭で絶賛された11歳の子役サニー・サジック。ウォーターストンは、苦労しながらスティービーを育てるシングルマザーを演じるようだ。また、出演予定だったウィリアムズと共演した「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(ケイシー・アフレック主演)で注目を集めた若手俳優ルーカス・ヘッジズが、スティービーの兄役を演じるという。

監督のヒルと主演のサジックは、ガス・バン・サント監督の新作「Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot(原題)」で共演しており、2018年に全米公開予定となっている。ウォーターストンは、スティーブン・ソダーバーグ監督の新作「ローガン・ラッキー(原題)」でダニエル・クレイグアダム・ドライバーと共演しており、8月18日から全米公開。また、主演したリドリー・スコット監督作「エイリアン コヴェナント」が、9月15日から日本公開される。

(映画.com速報)
ウルフ・オブ・ウォールストリート[Blu-ray/ブルーレイ] ウルフ・オブ・ウォールストリート[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 実在した株式ブローカーの成功と破滅を描く、刺激に満ちたエンターテインメント作品
21ジャンプストリート[Blu-ray/ブルーレイ] 21ジャンプストリート[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 チャニング・テイタム×ジョナ・ヒルで贈るコメディ・アクション!!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi