大森南朋&鈴木浩介&桐谷健太が破滅へと突き進む「ビジランテ」ティザービジュアル : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月29日 > 大森南朋&鈴木浩介&桐谷健太が破滅へと突き進む「ビジランテ」ティザービジュアル
メニュー

大森南朋&鈴木浩介&桐谷健太が破滅へと突き進む「ビジランテ」ティザービジュアル

2017年7月29日 00:00

重要なシーンを切りとった ティザービジュアル「ビジランテ」

重要なシーンを切りとった
ティザービジュアル
(C)2017「ビジランテ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 入江悠監督作「ビジランテ」のティザービジュアルが、このほどお披露目された。大森南朋鈴木浩介桐谷健太が演じるアウトロー三兄弟のむき出しの“魂”がぶつかり合う重要なシーンを切りとっている。

本作は、入江監督が地元の埼玉・深谷を舞台に紡ぐオリジナル作品。高校時代に失踪した長男・一郎(大森)、市議会議員で町の自警団団長でもある次男・二郎(鈴木)、デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)というアウトロー三兄弟が、憎む父親の死をきっかけに再会する姿を通じ、地方都市の暗部を浮き彫りにする。トリプル主演を務めた大森、鈴木、桐谷のほか、篠田麻里子嶋田久作吉村界人間宮夕貴岡村いずみ菅田俊ら実力派キャストが結集している。

「容赦しない運命が暴れ出す」というコピーが添えられたティザービジュアルは、悲しい過去を背負いそれぞれの立場で生きてきた一郎、二郎、三郎が浅瀬でずぶ濡れになりながら咆哮(ほうこう)する姿を収めたもの。同シーンは、スタッフ、キャストが口をそろえて過酷だったと述懐する極寒の冬に撮影。朝から朝まで、そしてそのまま翌日の撮影があるような過酷なロケが続き、次第にキャスト陣は“演じる”という虚構をはぎとられていった。荒々しく破滅へと突き進む男たちの暴力的な生き様を、無慈悲なまでの眼差しで描き出した作品の“本気度”が伝わってくる仕上がりだ。

ビジランテ」は、12月9日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開。R15+指定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi