「007」最新作のメガホンは誰の手に?監督候補3人が判明 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月28日 > 「007」最新作のメガホンは誰の手に?監督候補3人が判明
メニュー

「007」最新作のメガホンは誰の手に?監督候補3人が判明

2017年7月28日 11:10

ボンド俳優ダニエル・クレイグの去就とともに注目「ベルファスト71」

ボンド俳優ダニエル・クレイグの去就とともに注目
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「007」シリーズ最新作「ボンド25(仮題)」の全米公開日が発表され、6代目ジェームズ・ボンドを務めてきた俳優ダニエル・クレイグの去就に注目が集まる中、米Deadlineが3人の監督候補を報じた。

筆頭候補は、サバイバルスリラー「ベルファスト71」のヤン・ドマジュ監督で、同監督はマシュー・マコノヒー主演の新作「White Boy Rick(原題)」を撮り終えたばかり。その他、「ボーダーライン」「メッセージ」のドゥニ・ビルヌーブ監督、アカデミー賞作品賞ノミネート作「最後の追跡」のデビッド・マッケンジー監督も、製作陣と面会したという。「ブレードランナー 2049」の公開が控えるビルヌーブ監督は、SF大河小説「デューン 砂の惑星」の映画化企画にとりかかっているためスケジュールの調整が困難な可能性が高く、ドマジュ監督に分があるようだ。

一方で、「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督や、「ベイビー・ドライバー」のエドガー・ライト監督という憶測も広まっている。しかし同サイトでは、2人が引き継ぐのはシリーズがリブートされ、一から作り直せる場合だけだと見込んでいる。

また、前作「スペクター」で米ソニー・ピクチャーズの配給権が失効したため、ソニー、ユニバーサル・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザース、20世紀フォックス、アンナプルナ・ピクチャーズの5社が配給権をめぐる争奪戦を繰り広げている。米バラエティによれば、ワーナーが権利獲得に最も近いという。

「ボンド25(仮題)」は、2019年11月8日に全米公開。

(映画.com速報)
ベルファスト71[DVD] ベルファスト71[DVD] 最安価格: ¥3,791 IRAや北アイルランド問題を背景に、敵地に取り残された若きイギリス軍兵士の悪夢の一夜を描いたサバイバルスリラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi