「スーサイド・スクワッド」デビッド・エアー監督、リメイク版「スカーフェイス」から降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月28日 > 「スーサイド・スクワッド」デビッド・エアー監督、リメイク版「スカーフェイス」から降板
メニュー

「スーサイド・スクワッド」デビッド・エアー監督、リメイク版「スカーフェイス」から降板

2017年7月28日 22:30

デビッド・エアー監督「スカーフェイス」

デビッド・エアー監督
Photo by Karwai Tang/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ユニバーサル・ピクチャーズが準備を進めているリメイク版「スカーフェイス」から、「スーサイド・スクワッド」のデビッド・エアー監督が降板したと、米ハリウッド・レポーターが伝えた。

リメイク版「スカーフェイス」は、「トレーニング デイ」(デンゼル・ワシントンがアカデミー賞主演男優賞受賞)のアントワン・フークア監督がスケジュールの都合により降板後、同作の脚本を執筆したエアー監督が、スタジオと交渉中と報じられていた。「スカーフェイス」のギャング映画という性質上、ある程度の凶悪さは必須と思われるが、脚本に対するエアー監督の解釈がスタジオの目指す方向よりもダークで、双方の折り合いがつかなかったようだ。

1983年の映画「スカーフェイス」は、ハワード・ホークスの「暗黒街の顔役」(32)をブライアン・デ・パルマ監督がリメイクしたもので、アル・パチーノ演じるキューバ移民の青年が、マイアミの暗黒街でのしあがっていく姿を描いた。脚本をオリバー・ストーンが執筆し、過激な暴力描写とパチーノの鬼気迫る演技で大ヒットを記録。パチーノの代表作のひとつとして知られる。

リメイク版は、メキシコ人俳優ディエゴ・ルナ(「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」)が主演。ジョエル&イーサン・コーエン兄弟、テレンス・ウィンター(「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」)、ジョナサン・ハーマン(「ストレイト・アウタ・コンプトン」)が脚本を手がけており、ロサンゼルスを舞台にメキシコ移民の主人公を描く。

エアー監督は、「スーサイド・スクワッド」のウィル・スミスと再タッグを組んだSF刑事アクション「ブライト」が、12月からNetflixで全世界同時配信される。また、「スーサイド・スクワッド」でマーゴット・ロビーが演じたハーレイ・クインを中心に、DCコミックスの女性の悪役たちを描くスピンオフ映画「Gotham City Sirens(原題)」でメガホンをとることが決定している。

(映画.com速報)
スーサイド・スクワッド[Blu-ray/ブルーレイ] スーサイド・スクワッド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 悪の力が暴発する、クレイジーでポップな爽快アクションエンターテインメント作品。
スカーフェイス[Blu-ray/ブルーレイ] スカーフェイス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 “アメリカンドリーム”を夢見て、暗黒街のボスとなった男の人生を描くバイオレンスアクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi