織田裕二、11大会連続「世界陸上」でボルトのラストランに期待「予選から目が離せない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月21日 > 織田裕二、11大会連続「世界陸上」でボルトのラストランに期待「予選から目が離せない」
メニュー

織田裕二、11大会連続「世界陸上」でボルトのラストランに期待「予選から目が離せない」

2017年7月21日 14:15

意気込みを語った織田裕二ら

意気込みを語った織田裕二ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の織田裕二がメインキャスターを務めるTBS「世界陸上ロンドン」(8月4~13日)の制作発表が7月21日、東京・赤坂の同局で行われた。

織田は、フリーの中井美穂アナウンサーとのコンビで11大会連続、20年目のメインキャスターに、「世界中から集まった最高峰の選手の最高のパフォーマンス、独特の緊張感、感動を余すところなく伝えたい」と抱負。男子100メートルの世界記録保持者ウサイン・ボルト(ジャマイカ)のラストランでもあり、「1陸上選手のスケールでは収まりきらない希有(けう)な選手。正直、世界記録は難しいと思うが、どういう結末で“ボルトショー”の幕を下ろすのか見てみたい。予選から目が離せません」と期待を寄せた。

さらに、男子5000メートル、1万メートルで2大会連続2冠に輝き、今大会を機にマラソン転向を表明しているモハメッド・ファラー(イギリス)や、昨年のリオ五輪で男子400メートルの世界記録を更新したウェイド・バンニーキルク(南アフリカ)らの名前を挙げ、「注目している選手を挙げたらキリがない。1競技に2、3人ずついます」と開幕が待ちきれない様子。放送時間も、前回の北京大会の64時間から93時間と大幅に増え、「僕らにとっても闘いです」と意気込んだ。

会見には男子200メートル日本代表の飯塚翔太も出席し、「200メートルは決勝を目指し、4×100メートルリレーではもう1度メダルを獲りたい。一番の走りができると思う」と抱負を述べ、リオ五輪銀メダルの再現にも自信。織田も「まさか実力で米国の上にいくとは思ってもみなかった。何か次のステップにいく予感がする。期待しています」とエールを送っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi