【全米映画ランキング】「スパイダーマン ホームカミング」が大ヒットスタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月11日 > 【全米映画ランキング】「スパイダーマン ホームカミング」が大ヒットスタート
メニュー

【全米映画ランキング】「スパイダーマン ホームカミング」が大ヒットスタート

2017年7月11日 20:00

1位は「スパイダーマン ホームカミング」「スパイダーマン」

1位は「スパイダーマン ホームカミング」
(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、シリーズ6作目にして、ついにマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)に参入したスパイダーマン最新作「スパイダーマン ホームカミング」が約1億1700万ドルのオープニング興収で、見事首位デビューを果たした。

同作は、2002年に始まった「スパイダーマン」シリーズの2度目のリブート作ということで同じストーリーの繰り返しになるとの危惧もあったが、MCU入りしたことにより、アイアンマンを登場させるなど、これまでの作品との差別化に成功。シリーズでは2位のOP興収を記録する大ヒットスタートとなった(シリーズ1位は07年の「スパイダーマン3」の約1億5100万ドル)。

トビー・マグワイアアンドリュー・ガーフィールドに続いてピーター・パーカー=スパイダーマンに扮するのは、昨年のMCU作品「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」でも同役を演じたトム・ホランド。共演にロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク=アイアンマン)、マリサ・トメイジョン・ファブロートニー・レボロリ、ゼンデイヤ。そして敵役には「バットマン」(89)のマイケル・キートン

サム・ライミマーク・ウェブに続いてメガホンをとったのは「クラウン」「COP CAR コップ・カー」で注目された新鋭ジョン・ワッツ。レビュー、興行ともに申し分の無い「再起動」となった。

2位は前週首位の「怪盗グルーのミニオン大脱走」。累計は1億5000万ドル目前。3位にはエドガー・ライトの犯罪スリラー「ベイビー・ドライバー」が続いた。

そして8位には、批評家絶賛のジャド・アパトウ製作による実話ベースのコメディ「The Big Sick」が前週12位からランクイン。TVシリーズ「シリコンバレー」のクメイル・ナンジアニと、実際の彼のパートナーで脚本家のエミリー・V・ゴードンとの実話を映画化。パキスタン系アメリカ人男性と白人女性との恋愛が人種問題を絡めつつコミカルに描かれる。出演はナンジアニに、ゾーイ・カザンホリー・ハンター、レイ・ロマーノ。「ドリスの恋愛妄想適齢期」のマイケル・ショウォルターがメガホンをとった。

今週末は、プリクエル第3弾となるSFアクション大作「猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー)」などが公開となる。

(映画.com速報)
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,107 アベンジャーズが再結集し、前作よりもスケールアップした壮大な世界観で贈るアクション超大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi