「心が叫びたがってるんだ。」中島健人&芳根京子、高校生700人の悩み相談に真剣回答! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月11日 > 「心が叫びたがってるんだ。」中島健人&芳根京子、高校生700人の悩み相談に真剣回答!
メニュー

「心が叫びたがってるんだ。」中島健人&芳根京子、高校生700人の悩み相談に真剣回答!

2017年7月11日 13:27

現役高校生約700人と対面「心が叫びたがってるんだ。」

現役高校生約700人と対面
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフが再結集したヒットアニメを実写映画化した青春ラブストーリー「心が叫びたがってるんだ。」の出演者・中島健人(「Sexy Zone」)、芳根京子清水博之プロデューサーが、7月10日に埼玉県秩父市の秩父高等学校をサプライズ訪問し、高校生約700人と対面した。

秩父を舞台に、それぞれに悩みを抱える高校生4人が、ミュージカル公演の準備を通じて成長していくさまを描く。中島が他人に本気で向き合うことが苦手な高校生・坂上拓実、芳根が過去のトラウマが原因で人としゃべろうとすると腹痛が起こってしまう成瀬順を演じるほか、「E-girls」の石井杏奈が恋をあきらめた拓実の元恋人・仁藤菜月、寛一郎がひじを負傷して心を閉ざした野球部のピッチャー・田崎大樹を演じる。

秩父高校では、4人が屋上に集まりミュージカル製作の打ち合わせをするシーンなどの撮影が行われたという。生徒からの歓声を浴びた中島と芳根は「今日の気温よりもめちゃめちゃ声援が熱い! 声援に包まれて登場したときは気持ちよかったし感動しました。ありがとうございます」(中島)、「すごいうれしいです。うれしい」(芳根)と現役高校生のパワーに圧倒された様子。芳根が「暑いので熱中症にならないように。体調が悪くなったらすぐに言ってください」と呼びかけると、中島がすぐさま「保健の先生か!」とツッコみ、場内の笑いを誘った。


画像2

[拡大画像]

2人は高校生から寄せられた質問に答え、順のように上がり症の生徒には「いい緊張はいいパフォーマンスにつながります。僕は緊張と友だちになります。目標をもって、目標を達成するために、緊張に負けるわけにはいかないという意志があれば、緊張も自然に友だちになり、味方になると思います。あとは深呼吸してリラックスして臨んでください」(中島)、「香川照之さんにご相談したら、その緊張を超える経験をすれば今の緊張は小さく感じるようになるから何事も経験だと。だから今はたくさん緊張していいんだなと思いますし、ある程度緊張感をもって伝えると、より伝わると思います」(芳根)とそれぞれの経験を元にアドバイスを送った。

「好きな人となかなか話せない」という悩みには、「僕はこう見えてシャイなんです。普段は『セクシーサンキュー!』などと言っていますが、プライベートでは言いませんし、本当に好きな子の前ではドキドキしちゃう。だからいつもより多めに感謝の気持ちを言います。ありがとうをたくさん言って、ほかの誰よりもあなたに感謝していますという気持ちを伝えます」(中島)と語った。

心が叫びたがってるんだ。」は、7月22日から全国公開。

(映画.com速報)
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版)[Blu-ray/ブルーレイ] 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,912 2011年4~6月にフジテレビ系深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送された全11話のオリジナルアニメーションの劇場版。
心が叫びたがってるんだ。(通常版)[Blu-ray/ブルーレイ] 心が叫びたがってるんだ。(通常版)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,395 心の傷、葛藤、誰かを想う切なさを描いた通常版のBlu-ray。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi