映像に包まれる感覚!3面マルチ上映の「Screen X」を体験してきた : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月4日 > 映像に包まれる感覚!3面マルチ上映の「Screen X」を体験してきた
メニュー

映像に包まれる感覚!3面マルチ上映の「Screen X」を体験してきた

2017年7月4日 19:00

基本的にすべて2D上映「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」

基本的にすべて2D上映
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 巨大スクリーンと高解像度を売りにしたIMAX、座席が揺れたり水が噴き出したりとアトラクション的要素で人気の4DXやMX4Dなど、映画上映にもさまざまな選択肢が広がっているが、2015年に生まれた超ワイドスクリーンを誇る新形態「Screen X」がついに日本に参入。東京の「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」に第1号がオープンしたので、早速お披露目イベントである内覧会に参加してきました!

既に7月1日から「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」を上映している「Screen X」。一体どんなものかと言えば、 客席正面のスクリーンのみならず、左右の壁いっぱいに映像が広がる3面マルチ方式のワイドスクリーン。いや、もはやワイドやワイダーを超えて、ザ・ワイデスト・スクリーンと呼ぶべきか。これまでに韓国、中国、アメリカなど7か国で導入されており、日本は8か国目、120番目の「Screen X」となる。


画像2

[拡大画像]

3面マルチ方式のワイドスクリーンには、実は1950年代に登場した「シネラマ」があった。これは3台のフィルムカメラを並べて撮影し、3台のフィルム映写機を並べて上映するシステムで、当時大きな話題を呼んだものの、コスト面などの問題が多くて長続きしなかった。その後も、映画業界は劇場ならではの迫力を求めてスクリーンのワイド化に工夫を凝らしてきたが、「Screen X」が過去のワイドスクリーンと違っているのは、左右の壁にまで映像が広がっていること。

こんな力業を実現させたのは、天井に設置された8台のデジタルプロジェクター。左右それぞれに4台ずつが稼働し、正面のメインスクリーンと連動した映像を映写する仕掛けで、いままでの映画上映とプロジェクションマッピングが融合したものだと思っていただければいいかも知れない。


画像3

[拡大画像]

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」では、映像が壁にまで広がるのは全体の中の30分ほどだが、「Screen X」を開発した韓国の会社CJ CGVはウォルト・ディズニーと協力し、半年以上をかけて「Screen X」用の追加映像を制作した。左右の壁のための追加映像は、本編には使われなかった実写素材もあれば、CGで作成される場合もあるという。9月公開のパニックアクション「新感染 ファイナル・エクスプレス」は製作当初から「Screen X」の上映が想定されており、「Screen X」のポテンシャルを知る意味でも重要な一本と言えそうだ。

さて、内覧会では「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」や「新感染 ファイナル・エクスプレス」を含むサンプル映像が数多く上映された。首をどっちに振っても映像が続いているので、最初は何度もキョロキョロしてしまったが、そのうちにすべてを見逃すまいと欲張るのではなく、映像に包まれるような没入感を味わうものだとわかってきた。とはいえ、時にはただ左右に映像が続くのではなく、広い画面を生かしたスプリットスクリーン(分割画面)状態になることもあって油断はできない。


画像4

[拡大画像]

面白いのは、「Screen X」には3D上映はなく、基本的にすべて2D上映なのだが、270度の視界が映像で覆われることで、2Dでありながら立体映像のように感じる瞬間があること。3D上映だとメガネが邪魔だとか、目が疲れるので苦手という人にもおすすめできるシステムである。

しかし今後、マルチ映写システムをさらに推し進めると、左右だけでなく天井や床にも映像が映る時代になるのではないだろうか。古い話で恐縮だが「機動戦士ガンダム」が「機動戦士Zガンダム」になったとき、コックピットからの映像が360度視界になっていて驚いた。そんなアニメみたいな未来ももはや遠いものではない気がしてくる「Screen X」。これまでにない映像体験ができることは間違いないので、ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。(取材・村山章)

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi