仏実力派俳優結集「あさがくるまえに」カテル・キレベレ監督、自作品の日本初公開に感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月24日 > 仏実力派俳優結集「あさがくるまえに」カテル・キレベレ監督、自作品の日本初公開に感無量
メニュー

仏実力派俳優結集「あさがくるまえに」カテル・キレベレ監督、自作品の日本初公開に感無量

2017年6月24日 12:30

観客と対面し笑顔「あさがくるまえに」

観客と対面し笑顔
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 心臓移植をめぐるヒューマンドラマ「あさがくるまえに」が6月23日、開催中のフランス映画祭2017で特別上映された。上映前には、来日中のカテル・キレベレ監督が舞台挨拶を行った。

ダゲレオタイプの女」のタハール・ラヒム、「母の身終い」のエマニュエル・セニエ、「Mommy マミー」などグザビエ・ドラン監督作品で知られるアンヌ・ドルバルといった実力派が顔をそろえ、メイリス・ド・ケランガル氏のベストセラー小説を映画化。事故で脳死状態と宣告された青年とその両親、臓器コーディネーター、臓器提供を待つ女性音楽家といった面々が、自身の人生を見つめ直していく。

聖少女アンナ」「スザンヌ」で知られるキレベレ監督は、「本作が初めて日本で公開される私の作品です。皆さんは、初めての観客です」と感無量の面持ち。「原作小説を紹介されたとき、私は別の作品の脚本執筆にとりかかっていました。ですが、とても力強い本で映画化する必要性にかられ、脚本を断念して原作者に会いに行ったのです」と振り返った。さらに、「私にとって小説の映画化は初めての経験でした。原作小説と同じような豊かさをもって登場人物を描き出すことに苦心しました。原作小説の中では、登場人物は自由に過去と現在を旅します。そして思いや考察が描かれていきますが、映画はこの点において小説よりも自由度が少ないのです」と苦労を明かす。

キャスティングに関しては「非常に強い感情を演じてもらうために、それを演じられる力強い俳優たちが必要でした。通常は主役を決めてから脇役へと移るのですが、本作では例外的に1度に全員の俳優をキャスティングしました。なぜなら、この作品には“主役”と呼べる人がいないから。しいて言うなら、1つの体からまた別の体に旅をする心臓が主役といえるでしょう」と本作ならではの方式をとったという。「私は、社会の多様性、皆が違っているということを描きたかったのです。人と人の連帯、社会を映し出すイメージです。本作の俳優の中には非常に有名な人もいれば、あまりキャリアを積んでいない人もいます。肌の色も年齢も違います。出演者を決めるときには、一貫性を求めすぎるのはよくない。対立や矛盾、あるいはジャンルの混合を恐れてはいけないのです。それが、映画に生き生きとした力を与える元です」と力を込めた。

ロケ地についても言及し、「1週間前から日本に来ているんですが、不思議なことに(ロケ地の1つである)ノルマンディー地方の北西部にある港町ル・アーブルは日本と似ています。ケーブルカーを見かけたからかもしれませんね」と語った。

「フランス映画祭2017」は6月25日まで、東京・有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催中。「あさがくるまえに」は、9月16日から全国公開。

(映画.com速報)
ダゲレオタイプの女[Blu-ray/ブルーレイ] ダゲレオタイプの女[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,966 「岸辺の旅」で2015年・第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、オール外国人キャスト、全編フランス語で撮りあげた初の海外作品。
母の身終い[DVD] 母の身終い[DVD] 最安価格: ¥2,802 尊厳死を望む母親とその息子の心の交流を描き、人生のあり方や終え方への心構え、そして家族愛を問う究極の終活映画。長年の確執を引きずる不器用なふたりの親子関係を通して、“人生の終わらせ方“というテーマを探求し愛を問う荘厳な人間ドラマを描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi