役作りで13キロ増! リッキー・ウィトルが語るAmazon「アメリカン・ゴッズ」の見どころ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月23日 > 役作りで13キロ増! リッキー・ウィトルが語るAmazon「アメリカン・ゴッズ」の見どころ
メニュー

役作りで13キロ増! リッキー・ウィトルが語るAmazon「アメリカン・ゴッズ」の見どころ

2017年6月23日 18:00

リッキー・ウィトル

リッキー・ウィトル
(C)2017 Amazon.com Inc., or its affiliates
[拡大画像]

[映画.com ニュース]日本でも5月からAmazonプライム・ビデオで配信が始まったアメリカのテレビシリーズ「アメリカン・ゴッズ」。ニール・ゲイマンの世界的なベストセラーをドラマ化した本作は、古き神々と新しき神々の対決を描くという、聞いただけでも壮大な映像が浮かびそうな物語である。だが、主人公のシャドウ・ムーンは、あくまで生身の男だ。刑務所に服役していた彼が出所寸前に妻を失い、故郷に戻る道中でウェンズデイと名乗る謎の男に出会いボディガードとしてスカウトされたのがきっかけで、数奇な運命を辿る。シャドウに扮するのは、ドラマシリーズ「The 100」などで知られる、現在人気上昇中のリッキー・ウィトル。この役のために13キロ以上も体重を増やしたという役者魂あふれるウィトルが、その役作りと本作の見どころを語ってくれた。

--この役を得るのに16回オーディションテープを送ったというのは本当ですか。

「そうだよ。その後さらに5カ月のあいだ週1回、実際にオーディションに行って異なるシーンを演じた。シャドウはローラーコースターのような感情の変化に富んだ男で、その幅を演じられることが重要だったんだ。やっと役に決まったときは、まるで女学生のように歓声をあげたよ(笑)。でもそれからがさらに大変だった。シャドウは刑務所でも一目置かれるような逞しい男だ。だから筋トレと食事療法で、毎日4000カロリー以上とって2~4時間の筋トレをした。シャドウはコインを使ったマジックもやるので、その訓練と演技コーチのレッスンも受けた。撮影が始まってからも毎日2時間ごとにご飯を食べて、最後には自分が食べているものの味すらわからなくなったよ(笑)」

--最初の原作は9・11の起きた2001年に出版されていますが、神々の対決とは言ってみれば異なる宗教の対立で、今の世の中を暗示するような内容ですね。

「たしかにこの題材は、とてもタイムリーで重要な多くのテーマを扱っている。宗教、信仰、移民問題、人種差別、性差別。こうした現代社会とのリンクはこのシリーズの特徴のひとつだ。他のシリーズは避けて通るような問題も大胆に扱っている。これをきっかけに議論が広がるのは素晴らしいことじゃないかな」

--内容的にも大胆ですが、映像もかなりバイオレントでゴアな面がありますね。

「それは原作の要素であり、原作のファンをがっかりさせないためには必要なことだと思う。と同時に、美しくファンタジックな要素もあるし、僕自身はたとえばシャドウとウェンズデイ(イアン・マクシェーン)の、バディムービーのような会話のシーンも好きだ。だからこそ他では観られないようないろいろな要素を含んだ、独創的でチャレンジングなシリーズなんだよ」

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi