タッキー、清水崇監督とホラーの次はコメディで再タッグ「見てみたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月18日 > タッキー、清水崇監督とホラーの次はコメディで再タッグ「見てみたい」
メニュー

タッキー、清水崇監督とホラーの次はコメディで再タッグ「見てみたい」

2017年6月18日 13:30

今度はコメディで再タッグ!?「こどもつかい」

今度はコメディで再タッグ!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「タッキー&翼」の滝沢秀明が6月18日、初主演映画「こどもつかい」の公開記念舞台挨拶を、共演の「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴門脇麦、子役の中野遥斗清水崇監督とともに東京・丸の内ピカデリー1で行った。

映画初主演に加え、ホラーも初挑戦だった滝沢は「この日を心待ちにしていた。自分自身がホラーに携わるとは全く思っていなかったけれど、この先の皆さんの声が楽しみです」と期待。中野が、「すごく頑張ったので、たくさんの人が見に来てくれてうれしい。きょう1日、盛り上がっていきましょう」と挨拶すると、「しっかりしたコメントだなあ」と感心した。

対して、ジャニーズの後輩の有岡が「恐怖と笑いは紙一重だと思うんですよねえ」と、前日の大阪での舞台挨拶で受けたため使い回したフレーズがイマイチの反応だったため、「遥斗くんがいなかったら、ポンコツの集まりになっちゃうところだった」と厳しくダメ出し。門脇も、「ホラーを見ると、頭が覚める。今日はきっといいことがある。すがすがしくお過ごしください」と意味不明のコメントをし、自ら「(有岡が)移っちゃった」と自ちょう気味に話した。

子どもたちのおん念を操る「こどもつかい」を演じた滝沢は、「ものすごく極端な人間なので、次は思いっきりコメディをやりたい。清水監督は意外とおちゃめなところがたくさんあって、現場でもユニークだった。清水監督のコメディを見てみたい」と再タッグを提案。清水監督は感激しきりで、「実はこどもつかいにコメディチックなところがもっとあって、(滝沢に)とんでもないこともしていただいたのに、カットしてしまった。舞台上で言ったから、絶対ですよ」と応じていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi