新興宗教ブランチ・ダビディアンの集団焼身自殺事件を「アンノウン」監督が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月18日 > 新興宗教ブランチ・ダビディアンの集団焼身自殺事件を「アンノウン」監督が映画化
メニュー

新興宗教ブランチ・ダビディアンの集団焼身自殺事件を「アンノウン」監督が映画化

2017年6月18日 17:30

ジャウム・コレット=セラ監督とマーク・ボール「アンノウン」

ジャウム・コレット=セラ監督とマーク・ボール
Photo by Gilbert Carrasquillo/FilmMagic、
Photo by Jeff Vespa/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アンノウン」「フライト・ゲーム」のジャウム・コレット=セラ監督と、「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のオスカー脚本家マーク・ボールが、新興宗教ブランチ・ダビディアンの集団焼身自殺事件を映画化することがわかった。

米テキサス州ウェイコで共同生活を送っていたカルト教団ブランチ・ダビディアンは、信者だったデビッド・コレシュが3代目教祖となってから凶暴化し、終末戦争に備えて大量の武器を保有するようになった。そして1993年、FBIが教団敷地に強制捜査に入ると、ブランチ・ダビディアンは銃撃戦を繰り広げ、51日間立て篭もりを続けた末に、コレシュを含む76人の信者が集団焼身自殺を図った。この模様はテレビで生中継され、全米に衝撃を与えた。

米Deadlineによれば、新作「Waco(原題)」はボールがマーク・ハイムズ(「クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス(原題)」)と共同で脚本を執筆。アンナプルナ・ピクチャーズ、ボールの製作会社ページワン・プロダクションがプロデュースする。

ボールは、キャスリン・ビグロー監督と再タッグを組み1967年のデトロイト暴動を背景に起こった犯罪を映画化した新作「デトロイト(原題)」が、8月4日から全米公開される。コレット=セラ監督は、リーアム・ニーソンと再タッグを組んだ新作スリラー「ザ・コミューター(原題)」が2018年1月12日から全米公開。

(映画.com速報)
アンノウン[Blu-ray/ブルーレイ] アンノウン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 交通事故に遭い、意識を取り戻したマーティン・ハリス博士が目にしたのは、自分を忘れてしまった妻と自分になりすました別の男だった─!全編に渡りいくつもの謎解きがちりばめられたアクション・サスペンス!
フライト・ゲーム スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] フライト・ゲーム スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 「1億5千万ドル送金しなければ、20分ごとに1人殺す。」航空保安官の携帯に届いた匿名の脅迫メール。その瞬間、乗客乗員146人が全員容疑者にとなる。リーアム・ニーソン主演、ノンストップサスペンスアクション!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi