「スーサイド・スクワッド」続編、2019年公開目指し来年撮影か : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月12日 > 「スーサイド・スクワッド」続編、2019年公開目指し来年撮影か
メニュー

「スーサイド・スクワッド」続編、2019年公開目指し来年撮影か

2017年6月12日 12:00

2018年に撮影か?「スーサイド・スクワッド」

2018年に撮影か?
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND
RATPAC ENTERTAINMENT,
[拡大画像]

[映画.com ニュース] DCの大ヒット映画「スーサイド・スクワッド」でリック・フラッグ大佐を演じたジョエル・キナマンが、「スーサイド・スクワッド2(仮題)」の撮影が2018年に行われる可能性を語った。

Netflixドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」で大統領候補のウィル・コンウェイ役を演じるキナマンは、シーズン5の配信開始を記念し、米ハリウッド・レポーターの取材に応じた。この際、「スーサイド・スクワッド2」の進捗状況について質問されると、「ぼくが知る限り、いまは脚本の執筆中。2018年のうちに撮影をする予定だが、変更の可能性も当然ある」と返答。米ワーナー・ブラザースが、続編の準備を進めていることを明らかにした。

ただし、前作でメガホンをとったデビッド・エアー監督は、スピンオフ映画「ゴッサムシティ・サイレンズ(原題)」に関わっているため、ワーナーが2作を同時進行で製作する場合、エアー監督が「スーサイド・スクワッド2」から離脱する公算が大きい。

キナマンは続編の理想の監督について、「もちろん、ぼくはデビッド・エアーに監督して欲しいと思っている」と前置きしたうえで、「ただ、もし彼が監督したくないというのであれば、キャラクター描写が上手で、リアリティを重視し、登場人物たちをもっとノーマルな描ける人がいいと思う」と明言。「クレイジーなキャラクターたちが、普通の人たちとどのように交流することになるのか見てみたいね」と期待を寄せた。

(映画.com速報)
スーサイド・スクワッド[Blu-ray/ブルーレイ] スーサイド・スクワッド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,071 悪の力が暴発する、クレイジーでポップな爽快アクションエンターテインメント作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi